【韓国】「5年間が不安になる」クワッド参加表明により中国との関係に懸念!?不快感を示す中国に制裁を受けることになってしまうのか!

スポンサーリンク
都市

韓国がクワッドへの参加を公約としていました。
クワッド内ではまだそのような議論は出ていないとしています。

クワッドは中国の影響力を牽制する狙いがあるので、親中路線の韓国とは正反対です。
次期政権では対中路線の政策を行っていくということなのでしょうか。

日本の外務省が、韓国の尹錫悦(ユン・ソンヨル)次期大統領のクワッド(QUAD)加盟公約について、クワッド内でそのような議論がないと指摘したとの報道が出ている。米国務省も先日、同様の回答をした。

米国防総省系のメディアであるVOA(ボイスオブアメリカ)は25日、日本外務省は韓国のユン大統領当選者がクワッドへの加盟を推進すると公約したことに関連して「日本、米国、オーストラリア、インドの間で、これまでに、参加する国家の数を増やすことに関する具体的な議論はなかった」と明らかにしたと報じた。

日本の外務省スポークスマンは24日、ユン次期大統領のクワッド関連公約に対するVOAの取材にこのように答え、「とにかく、日本は《自由で開放されたインド太平洋》の実現に向けた多様な構想を通じてビジョンを共有するより多くの国々との協力関係を深め続けるだろう」と説明した。

先に米国務省の広報担当者も18日、ユン次期大統領のクワッド加盟公約に関するVOAの取材に対し「これまでクワッドは外部パートナーとの協力手続きを開発していない」と述べていた。

ユン次期大統領は選挙期間中に、クワッドへの前進的加盟を公約していた。まずクワッド傘下のワクチン、気候変動、新技術ワーキンググループに参加し、その後に公式加盟を模索するとしていた。

文在寅(ムン・ジェイン)政権も「クワッド加盟国らと事案別の協力は模索していくことができる」と述べていたが、ユン次期大統領は正式加入も推進すると述べていた。

ユン次期大統領は9日に行われた韓国大統領選挙で当選して以来、クワッド4カ国首脳全員と電話で話した。韓国時間で10日には米国と、11日には日本と、16日にはオーストラリア、17日にはインド首脳とそれぞれ通話した。

引用元

【米国営紙】 「韓国のクワッド加盟、日本の外務省が《加盟国間で議論なし》と回答」 米国務省も同様回答★3 [03/25] [新種のホケモン★]

 

スポンサーリンク

見解・考察

考える

クアッドとはインド・太平洋地域で中国の影響力をけん制するため、米国が主導した4カ国協議体のことです。
日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国で安全保障や経済を協議する枠組みの事で、英語で「4つの」を意味する「Quad(クアッド)」との通称が定着したことからきています。

韓国外交部の崔泳杉(チェ・ヨンサム)報道官は17日の定例会見で、「すでにクアッド参加国とさまざまな協力を進めている」として、「今後のさらなる協力について引き続き検討していく」と述べたようです。

尹錫悦次期大統領は正式な参加も段階的に模索することを公約に掲げているようです。
文在寅政権も「クアッド参加国と事案別の協力は模索できる」との立場を表明しましたが、尹氏は正式な参加を推進すると表明したため、次期政権ではクアッドとの協力が積極的に行われるとみられます。

アメリカの国務省は「これまで外部パートナーとの協力手続きを開発していない」と明らかにしました。
これは他国の加盟をまだ考慮していないという意味に解釈することが出来るとしています。

中国に頼りきりの状態であったはずなのにクワッドとの協力を表明してしまったら、中国との関係が悪くなってしまうのは明白です。
次期政権では親中ではなく日米と協力していくということなのでしょうか。

中国は反中的な大統領の誕生を懸念、そして北朝鮮は軍事衝突と戦争しかないと威嚇しました。

その一方でアメリカはこの状況を韓国を引き込むチャンスと考えているようで、電話会談を1日前倒しで行ったとしており、米韓関係の強化、および、韓国がインド太平洋における連携に参加することに、米国が強く期待していることがうかがえるとしています。

韓国の反応

ネット

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・米国では選挙前からアマチュア リーダーシップだと酷評していたが、当選しても無視されるんだ。
米国官僚たちが事実上露骨に無視している。

・もうアメリカにドタキャンされてるの?
内部問題から解決しろということだね。

・国防・外交に対する前後左右、現在・未来などに対する十分な熟慮なしにむやみに言い放つ尹錫悦。
前もって米国に良い印象を与えようとして、かえって面と向かって怒鳴りつけられる。

・今後5年間の韓国経済が心配になる…
少しは考えて話して政策を立てないといけないのに、思いつくまま口にして本当に不安だ…

・大韓民国の国民ならクアッド加入に反対すべき…
クアッドに加入すれば、米国と日本がパートナーになって、中国を相手に大韓民国を安保の最前方の盾に使うことになるんだよ

・外交は綱渡りだ…
一方に傾いた不同視外交をする場合、中国輸出が大きい韓国にとって中国の報復は現実になる。
尿素水問題ぐらいは愛嬌となるはずだ。

・国際情勢で、力の均衡のような初歩的常識もない者が統帥権者だとは、将来が心配だ。

 

日本の反応

ソーシャル

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・勝手に情報を相手に垂れ流すレッドチームが入れると思ってんのかよw

・韓国は外交でのレッドラインを理解出来ていないし、そもそも韓国の外交には協調やギブ&テイクも無いからね
韓国が得する事や韓国の都合でしか物事を進めようとはしない

・クアッドのメリットだけをつまみ食いしたいっていう事や
こんなん提案でも何でもない

・TPPでも同じようなことほざいてるし
つまり国際的枠組みに入り込めば優遇されるとのみ考えているってこと

・クアッドに入る事での利益は享受したいけど、対中国の動きはしないニダってなるのがバレバレだからな
ギブアンドテイクが理解できない連中の末路である

・反日しながら用日もできるっていうのが当たり前になってるからね
それがクアッドでもできると思ってるんでしょうね

・アメリカだって、まだ就任前に勝手に外交方針を言われても困るわな。就任後ちゃんと話をしてやる気があるかを確認してからでないと、話は進められないよな。

・なぜまだ次期大統領の段階で活動はじめてるの?
それにしても始まる前から香ばしい

本記事のまとめ

タンカー

新政権では今までの政策と大きく異なるところがあり、対中国の枠組みでもあるクワッドへの参加表明もその一つと言えます。

次期大統領は政治が未経験というのが最大の懸念事項ということなのでしょうか。

今後の韓国の動向に注目です。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました