制裁への報復で平和交渉が白紙に!そしてウクライナが反攻開始!プーチンの誤算とは!?

スポンサーリンク

戦車

ウクライナに激しい不安と恐怖に陥れたロシアの侵攻が始まり1か月が経ちます。
ロシア側は核の使用を脅しでちらつかせるなど、強硬な姿勢を崩すことがありません。

世界各国がウクライナに対して支援する一方でロシアに対して厳しい制裁を科しています。
当然、日本も各国と同じくロシアに制裁をしたのですが、これはロシアにとって思わぬ出来事だったのではというようなことがあったようです。

 

スポンサーリンク

日本の制裁に対抗か

戦闘機

ウクライナ情勢を受けて各国がロシアに制裁を科す中で、日本もロシアに対して制裁を科してきました
そして、その制裁に対する対抗措置をロシア側が出してきたようです。

ロシア側は日本を非友好国に指定するとしました。
さらに大きな問題となったのは日本との北方領土問題を含む平和条約交渉を中断する意向を表明し、「これ以上継続するつもりはない」としています。
北方領土も元島民らによるいわゆる「ビザなし交流」といった交流事業も停止する意向も明らかにしました。

ロシアの外務省は「2国間協力や日本の利益を損なうすべての責任は、反ロシア的な行動をとる日本側にある」と一方的に非難し、日本がG7=主要7か国と足並みをそろえて貿易上の優遇措置などを保障する「最恵国待遇」の撤回やプーチン大統領ら政府関係者への資産凍結など、厳しい制裁措置を講じたことに反発した形となったようです。

岸田総理は「今回の事態は、すべてロシアによるウクライナ侵略に起因して発生しており、それを日露関係に転嫁しようとするロシア側の対応は極めて不当で、断じて受け入れることができず強く抗議する」と述べています。
北方領土に関しては「わが国の固有の領土、わが国が主権を有する領土だ」と明言しました。

これまで返還運動を続けてきた元島民はNHKの取材に対し「私だけでなく、返還運動を続けてきた元島民は皆、大きなショックを受けている。戦後77年たったが、また振り出しに戻った。今まで一生懸命になって親から引き継いで、後継者も含めて大変な思いでやってきたことがいちからやり直しになるのかと皆心配している」と述べました。
そのうえで「まずはウクライナ問題が早く解決して平常を取り戻して欲しい」と話しました。

ロシアの政権内部に異変?

幽霊

プーチン政権の内部に異変が相次いで伝えられています。
ウクライナ侵攻により世界中から数々の制裁や非難により、耐えきれなくなってきたのでしょうか。
プーチン大統領の盟友とも言われているアナトリー・チュバイス大統領特別代表がウクライナ侵攻に反対して辞職、ロシアから出向していたことが明らかになりました。

政府系調査機関によると、ウクライナ侵攻を支持する人の割合は約7割という結果があるようです。
しかし、侵攻はプーチン氏の政権基盤を揺さぶり始め、政権の今後について「崩壊するかどうかではなく、いつ崩壊するかの問題だ」と指摘され始めたとしています。

このように政権が揺らぎ始めると起こるのがクーデターです。
3月20日にウクライナ国防省情報総局の公式フェイスブックに投稿されたのは「ロシアの財界と政治エリートの間でプーチン大統領に反対する影響力のある人々のグループが形成されつつある」としており。プーチン大統領暗殺をもくろみ、後継候補も既に決めているとしているようです。

目標はプーチン大統領をできるだけ早く権力の座から排除し、ウクライナ侵攻によって破壊された欧米との経済的な絆を回復することとしています。
そして、その目標を達成するためにあらゆる選択肢を検討しているようです。

プーチン大統領の後継者にはロシア連邦保安局のボルトニコフ長官だということです。
ボルトニコフ長官はプーチン大統領と同世代で同じKGBレニングラード支局に長く勤務しており、KGB出身者で固めたプーチン大統領の側近集団「シロビキ」の一員です。

ボルトニコフ長官は侵攻前にウクライナの世論調査やウクライナ軍の戦力を分析を担当していたとされており、戦況が思うように進まないことからプーチン大統領に責任を負わされのではとロシアメディアが報じていたとしています。

戦況が思うように進まない状況にイライラを募らせたプーチン大統領は側近に当たり散らしたりしていたのでしょうか。

そのような状況が続いてしまったらクーデターを計画する人がいてもおかしくはありません。
驚くべきことにロシアの資産家がプーチン大統領に生死は不問で100万ドルの懸賞金をかけました。

これによりロシア内部で一気に反プーチンが進んで行くのではないでしょうか。

 

進むも地獄、引くも地獄、プーチンの誤算

ディベート

最大の誤算は始まりにあったのではないでしょうか。
電撃的な攻撃により一気に侵攻し、ウクライナ側を降伏させるつもりだったと思われます。
侵攻が報道で伝えられてから各方面から侵攻して首都に接近と報道されるまで多くの時間はかかりませんでした。

しかし、ウクライナ側は降伏することなく徹底抗戦を表明し、世界中がウクライナを支援し始めました。
更に厳しい経済制裁や資産凍結、企業の撤退、輸出入の停止などによりロシアの生活は苦しくなっていきます。
遂にはデフォルト危機にまで瀕するほどになりました。

ロシア軍の士気も低下しつつあるのか、ウクライナ側が反攻に転じつつあるとしています。
既に引くに引けなくなったプーチン大統領は今更引けないところまで来ており、どちらに転んでも地獄が待っているということになりそうです。

追い詰められたプーチン大統領が生物兵器や化学兵器、核兵器などを使用して最悪の結果になってしまうことがあるのでしょうか。

海外の反応

ソーシャルメディア

・「そしてこれらすべての死が無意味だというのだからもう。多くのウクライナ人の命が、ロシア人の命が失われた。あのクソ野郎のエゴのせいでな。 子供を亡くしたすべての母親。 兄弟を亡くした全ての姉妹、夫を無くした全ての妻の事を思うとあまりにもやりきれない。
プーチンよ、お前が地獄で朽ち果てることを心から望むよ」

・プーチンはロシアのリーダーとして長く居過ぎた、10年前に降ろすべきだった

・正直今でもロシアがウクライナに侵攻した理由がよくわかっていない

・最近(と言っても15年前だけど)クリミア半島とウクライナ東部で石油とガスが発見された
ウクライナの前政府はロシアの傀儡政権でロシアの石油とガスのパイプラインを関税なしで運営することを許可していたが新政権はそれを反故にした
偉大なるソビエトへの妄執

・ウクライナのNATO加盟の可能性だな

・ウクライナの民間人がロシアの戦車に立ち向かい連中の向きを変えさせる動画を君たちも見たことがあるだろ? 普通戦車は単独で行動しない、歩兵や兵員輸送車が随伴するのが当たり前なのにそれがいなかった。ウクライナの対戦車部隊にとっては簡単な標的だったろうよ。

というかロシア兵がウクライナ人を殺すことに抵抗があるというかロシア軍が民間人の被害を避けたがっているというか
そして思ったよりもウクライナ人がヤバいやつだらけだった。なんで農家が戦車を盗むんだよ...

・ウクライナの人たちが可哀想なのは当然だけど、上からの命令でこんな戦争で命を落とすロシア兵も本当に可哀想だ

・ウクライナ兵もだいぶ戦死してるっぽいけどほんと良く持ちこたえてるよなあ
ロシア国民はかわいそうだけどボロボロになるぐらいには制裁が続いてほしい

まとめ

自己中心的な理由でウクライナに侵攻したロシアですが、ウクライナ側の反攻に対して対応しきれていないということなのでしょうか。

両国とも被害がとてもすごいことになっているので、一刻も早く終結することを願っています。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました