【日韓関係】「必ず日本から貰えるものは貰わなければならない」慰安婦問題で韓国裁判所が日本政府に財産目録提出命令!

スポンサーリンク

都市

慰安婦問題で日本政府相手に韓国で裁判が行われているようです。

韓国側が国際法上の原則でもある主権免除を知らないということはあり得ないことだと思われるので、ただのパフォーマンスではないでしょうか。

慰安婦問題は既にビジネス化されているので解決してしまうと困る団体がいくつもあるため、決して終わることがない問題となってしまいました。

韓国裁判所が元慰安婦たちが提起した損害賠償請求訴訟に敗訴した日本政府に韓国内の財産目録を提出し、今年9月19日までに裁判所に出席することを求めることにした。
韓国の法曹界によると、ソウル中央地裁は12日(きょう)、財産明示時期を2022年9月19日と定めた。これに先立ち、先月21日に財産の明示時期を定めていたが、これを命ずる決定書が日本政府に送達されたことが確認されずに延期されていた。日本政府は韓国裁判所の元慰安婦に対する賠償命令に対して「主権国家が外国で開かれる裁判の被告にはなれない」という国家免除を理由に裁判が成立しないとして一切対応していない。

財産明示は実際に差し押えられる日本政府の財産を確認する趣旨で、勝訴金額を受け取るために行われる強制執行の手続きだ。財産明示時期が決まれば強制執行対象となるリストを提出し、内容が事実だと宣誓しなければならない。

財明示期日には必ず本人が直接出席しなければならない。しかし、訴訟に無対応を一貫してきた日本政府側は財産明示時期にも出席しないものと見られている。

もし日本政府が今回も無対応で一貫する場合、日本政府を相手取った民事訴訟で勝訴した元慰安婦の被害者は損害賠償金を取り立てるために財産照会を申請せざるを得ない。

 

スポンサーリンク

見解・考察

考える

この裁判は2021年の1月に旧日本軍の慰安婦被害者12人が日本政府に損害賠償を求めた訴訟です。

原告1人当たり1億ウォン(約952万円)を支払うよう命じる判決を下したことを巡り、ソウル中央地裁が日本政府に対して2022年3月21日午前10時までに韓国内の資産目録を開示するよう命じていました。

資産の開示とは、差し押さえが可能な資産を確認するために行われる手続きを指します。
資産開示を命じられた場合は定められた期日までに強制執行の対象となる目録を提出し、裁判所を訪れ内容が正しいことを宣誓しなければなりません。

今回の訴訟を巡って、日本政府側は裁判所が他国を訴訟の当事者として裁判を行うことはできないとする国際法上の原則「主権免除」を主張。
日本政府は損害賠償に応じることはありません。

期日である先月3月21日でしたが、当然日本政府は応じません。
裁判所が他国相手に訴訟を起こして勝手に判決して命令をしたとしても応じる必要があるかないかなど考えずとも分かると思いますが韓国は違ったようです。
そして主権免除という国際法上の原則を知らないのでしょうか。

いずれにしても、慰安婦問題は既に解決済みの問題であり、賠償済みとしているため韓国側が大きく騒いだところで日韓関係が悪化するだけです。

そして、3月24日からソウルの高等裁判所で慰安婦訴訟の2審が始まったようです。

日本政府は、慰安婦問題を含む日韓の財産・請求権の問題は1965年の請求権協定で完全かつ最終的に解決済みであり、慰安婦問題については2015年の日韓合意で「最終的かつ不可逆的な解決」を両国政府で確認しているとして韓国政府に対し、適切な措置を講ずるよう重ねて求めています。

韓国の反応

ネット

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・日本人は尹錫悦(ユン・ソギョル)を凄く信じているようだね。
国荷物党は何も言わない。

・日本が誠実な謝罪と十分な弁償をしたのなら、こんなことはなかった。
該当企業や日本政府はグチグチ言わずに、政治的、個人的被害者が納得する十分な誠意を示すべきだ。

・日本は一瞬たりとも心から反省し、謝罪したことはなく、記者会見をしてすぐに神社参拝に行く奴らだ。
そして賠償の名目で何かを支払ったことは一度もない。
自分たちの口からも、一度も賠償だとか謝罪だと言ったことは無い。
全て歴史的記録として残っている。

・大韓民国の財産を搾取した事実は認められたが、返すつもりはないのか。
日本、必ず滅びて子々孫々と苦痛を受けろ。

・慰安婦は確実に日本から謝罪を受け、補償が必要ならば当然受け取るべきだ。
戦犯国が何をゴミのような主張をするんだ。
100年間謝罪せよ。

・隣国の日本と仲良く過ごさなければならない。
いつまで大したことのない過去の出来事で口げんかをしなければならないのか。

・日帝に踏みにじられた過去の韓国国民の被害に対して正当な謝罪と補償を受けようというのだ。
絶対に政治的に解釈して判断してはいけない。
必ず日本から貰えるものは貰らわなければならない。

 

日本の反応

ソーシャル

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・奴らにとって大切なのは現金化ではなく日本に勝ったという感情
後のことはなにも考えてない。この裁判も日本に勝つのが目的

・本当にムンさんは日韓に良い意味での関係断絶の基礎を作ってくれた。まさに韓国の歴代大統領として良い仕事をしてくれたので、任期が終わったら別の世界が待ってますよ。

・韓国の裁判官は、自分たちが日本の民主主義の「その上」に居ると本気で考えている。
普通に宣戦布告と捉えられてもおかしくない行為だよね

・解決済み
韓国政府が金を受け取っているのだから、通告する相手が間違っている。
日本政府は経済制裁で返事をすれば良い。

・永遠に進まない話。奇しくも裁判所で不可逆状態ですね。
でも現金化無理矢理することになったほうが展開的に面白そう。

・そんなもの提出する必要なし。勝手に現金化すれば良い。それで断交。以上。

・こういう記事を読むたびに韓国は国際社会から浮世離れした無法国家なのだと再認識してしまう。国際法なんて守るつもりもなく、国家免除の意味も知らないなんて、先進国入りした自由民主主義陣営の国家とは到底思えません。
相手が日本だから通用すると思い込むのも治しようがない悪い習性。何の自信があって日本に強く出るのか意味不明。

本記事のまとめ

川

慰安婦問題は韓国でビジネス化してしまっているので、何があろうと解決することが出来ない問題となってしまったようです。

このような裁判やその判決に伴う命令はもはや茶番劇と言える状況です。
そして、その茶番劇にいつまでも付き合う日本政府もいい加減にしてもらいたいところです。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました