【韓国】「危険な一歩」韓国がアジア初のNATOサイバー防衛協力センターに加入したことに中国が警告!?

スポンサーリンク
ネット

新政権発足とともにNATOサイバー防衛協力センター(CCDCOE)に正式加入したと発表しました。

これに対し中国が反応「危険な一歩」として韓国を牽制しました。
韓国政府が中国などに対して敵対的な政策を展開する場合、最悪な状況に陥る可能性があるということなのでしょうか。

2022年5月5日、中国・環球網は「韓国が日本に先んじて、危険な一歩を踏み出した?」とする記事を掲載した。

記事は、日本が今年6月の北大西洋条約機構(NATO)サミットに初めて招待されたことを契機にNATOとの関係を接近させようと画策している中で「韓国が突然ある情報を発表した」とし、韓国国家情報院が5日にNATOサイバー防衛協力センター(CCDCOE)に正式加入したと発表したことを伝えた。

そして、CCDCOEは「世界で最も権威ある」サイバーセキュリティー機関と言われ、2007年に起きたロシアによるエストニア政府ネットワークシステムに対するサイバー攻撃を契機として08年5月に設立されたと説明。韓国は2年以上前からCCDCOEへの参加に向けて努力しており、19年7月に参加意向書を提出すると、20年から2年連続でCCDCOEによる世界最大規模のサイバー演習「ロックド・シールズ」に参加したと紹介している。

その上で、復旦大学サイバー国際ガバナンス研究基地の瀋逸(シェン・イー)主任の分析として、韓国によるCCDCOE加入は米韓一体化を政治的に表すもので、特に韓国国内の保守的な勢力による政治的パフォーマンスであり、米韓両国が今後重要インフラやサイバー協力を一層緊密化させ、米国の情報、国家安全当局が直接的、間接的に韓国への影響力を強めることが予測されると伝えた。また、韓国国内では北朝鮮によるサイバー攻撃を持ち出して、今回のアクションの合理性を宣揚する可能性があるとした。

また、中国社会科学院アジア太平洋・グローバル戦略研究院の王俊生(ワン・ジュンション)研究員が「韓国は最近CCDCOEの加入申請を始めたわけではないが、このタイミングで加入の情報を出したことからは、ユン・ソギョル次期政権が米国を首班とする西側諸国と一層立場を一致させるというシグナルが見て取れる」と分析したことを伝えた。

引用元

韓国がNATOサイバー防衛協力センターに加入、中国メディア「危険な一歩」
5日、環球網は「韓国が日本に先んじて、危険な一歩を踏み出した?」とする記事を掲載した。資料写真。

 

スポンサーリンク

見解・考察

考える

中国官営英字紙Global Timesの元編集者、胡錫進氏はツイッターに「もし韓国が隣国に敵対的な方向に背を向けることを選ぶなら、その道の終わりはウクライナになるかもしれない」と書きました。

隣国のロシアから侵略を受けて戦場になったウクライナのように、韓国も隣国である中国から侵攻を受けることができるという意味に解釈されて論争になっているようです。

胡錫進氏は過激な発言を繰り返すことで中国では有名な言論人だそうです。

この発言に対して韓国の反日活動家で有名な徐ギョン徳教授が反発しています。
徐教授はSNSで「いちいち韓国に言いがかりをつけているが、世界の中で韓国のパワーが強いため脅威を最も強く感じているようだ」とし「中国共産党の『操り人形ラッパ吹き』の役割ばかりしているから、世界的な流れを把握できず『自国用チラシ』だけを作って出しているところ」と批判しました。

CCDCOEに正会員として加入したことにより、実質的に反露や反中とみなされるのではないでしょうか。

これまで文政権では親中、反米を政策にしてきたようですが、新政権では日米との関係改善を目指しているとしていますので、実質的に反中、反露とみられるのは仕方ないことです。

当然、反中になることを中国側は許さず「危険な一歩」として報じているのは牽制する意味も含まれているのではないでしょうか。
一方で情報を盗み中国やロシアに流すために加入したとも考えることが出来そうです。

いずれにしても、バイデン大統領による訪韓もあり、新政権は発足から中国か米国の選択を迫られることになり、前途多難になるのではないでしょうか。

韓国の反応

猿

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・NATOとロシアの双方を説得して和解させ、再び世界平和に卓越した貢献をするときが来たのだと思います。

・NATOのサイバー戦争協力に参加したに過ぎない。
NATOへの加盟は国民議会の承認が必要で、大統領の判断で国民投票に移行できる。
不確かな情報を与えてはならない。

・NATOの貧乏くじに韓国を引きずり込もうとし続けてるのを見ると、韓国には惜しいものがあるんだろうな。

・我が国に追随できる国はほとんどない…。
常に死を覚悟している先進国や超大国は、韓国を除いてほとんどないと言っていい

・韓国はサイバーセキュリティ技術でNATOを支援する を与えたいと考えている。
韓国とNATOの軍事協力は成功を収めている。
自由民主主義の強い砦となることを 願いたい。

・日本人が韓国の一挙手一投足に嫉妬するのは当たり前のこと。
むしろ、嫉妬しない方がもっと変だ。

・地政学的に、韓国は中立を保つべき。

・NATOは貧乏加盟国ではなく、自国の安全を自国のお金で守らなければならない。
実質的な軍事大国である韓国を弾丸のように使おうとしてるのか?

日本の反応

考える

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・中国メディアも「危険な一歩」っていってるってことは、中国からも信用されて無いってことだね。

恩知らずで厚顔無恥国家だからなぁ、韓国は。その態度が怒らせるんだよ。宗主さまからまた、制裁食らいますよ、笑。

・チュウゴクの駒を敵陣に送り込んだのだから・・・・大成功

・中国メディア「危険な一歩」
意味深な言葉ですね!
そっちにつくとどうなるか
解ってんだろうな?
という韓国への警告ですかな?
それとも、韓国を加入させると情報を
抜かれまくるぞ、という忠告ですかな?
どちらもあり得そう!

・国際間の条約も反故にする韓国は、信用出来ん

・股裂き状態だな。
哀れ韓国の運命

・機密情報、技術情報は大切ニダ。
中国に売ればいい小遣い稼ぎになるニダ

・ほらほら、宗主国様がお怒りだよ!!

本記事のまとめ

ネット

韓国が「アジア諸国で初めて」NATOサイバー安保機構であるCCDCOEに加入したことで中国から釘を刺される形となってしまいました。

新政権では米間同盟強化と日米間の軍事協力を進めると公約していることもあり、再びコウモリ外交をせざるを得ないことになるのではないでしょうか。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました