【韓国】武力挑発を繰り返す北朝鮮へ日米間による独自制裁を行う可能性!韓国人「日本を信じる人たちは親日か売国奴」

スポンサーリンク
アマゾン

武力挑発を繰り返す北朝鮮に対して米国主導で日米韓の3か国で独自制裁を行うという可能性があるとしました。

中露が国連安保理での制裁決議に反対をしたためです。

日米、米韓の関係は良好だったとしても日韓関係が未だに改善できていないので同盟の団結力を見せつけることは難しいのではないでしょうか。

韓日米3国が尹錫悦(ユン・ソクヨル)政府スタート後、さらに緊密になった協力の雰囲気を「対朝制裁共助」にも続けていく雰囲気だ。国連安全保障理事会の追加制裁を阻止した中国とロシアの拒否権行使に対抗し、韓日米3国がいかなる形でも北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に「ムチ」を与えなければならないという共感が形成されながらだ。3日、韓日米による北核首席代表協議では、北朝鮮を圧迫するための具体的な独自制裁方案に対する議論が行われる見通しだ。

外交消息筋は2日、「中露の拒否権行使が明らかに予想される状況でも安保理で米国主導による追加制裁を推進したのは、北朝鮮のICBM発射が『問題行為』である点を喚起するパフォーマンスの性格が強かった」とし「安保理で失敗した実質的な対朝圧迫は、米国と同盟国の独自制裁を通じて行われる予定で、今回の韓日米による北核首席代表協議はこのための具体的議論の出発点」と説明した。

◆米が主導、韓・日が力を加える

北朝鮮の武力挑発局面で、米国が独自制裁を主導し韓日がこれに対して協調する形は過去にも数回繰り返されてきた「圧迫正攻法」に該当する。2017年北朝鮮がICBMを発射したことに続き、6回目の核実験を敢行すると、当時ドナルド・トランプ政府は絨毯爆撃をするかのように独自制裁を次々に打ち出した。北朝鮮のミサイル挑発が本格化した2017年3月から約1年間、米国はミサイル技術の開発に関与した個人や団体など合計200カ所余りを制裁対象に追加した。

2017年中盤から日本も独自制裁に積極的に出たほか、当時文在寅(ムン・ジェイン)政府も2017年11月に初めての独自制裁を加えたことに続き、同年12月にも制裁名簿を拡大した。特に2017年12月の独自制裁の場合、北朝鮮20団体と個人12人を金融取引制限対象に指定するという大規模なものだった。

当時韓国が独自制裁に出た契機は、安保理決議違反に該当するICBM発射および核実験だったが、これは最近の北朝鮮の武力挑発状況とそっくりだ。北朝鮮は今年に入ってからだけで合計17回の弾道ミサイル発射を行い、数回の起爆装置試験に出るなど第7次核実験を敢行する動向も確認されている。今回の北核首席代表協議の議題である「北朝鮮の核・ミサイル脅威への対応」に関連し、どのような形であっても独自制裁構想が具体化するのではないかという分析がある理由だ。

◆「安保理無用論」に弾みがついた独自制裁

特に安保理次元の追加制裁が白紙に戻った状況で、米国は「団結された同盟の力」を示すためにも韓国と日本の独自制裁への合流を促すだろうとの分析もある。中露は先月26日に残り13カ国の安保理理事国の賛成にもかかわらず、追加制裁決議に反対した。常任理事国である中露が反対する場合、制裁決議を採択する術がない。

特に中国は北朝鮮が7回目の核実験を行っても安保理追加制裁に賛成しないという立場まで先制的に明らかにした。中国外交部の趙立堅報道官は今月1日の会見で「(北朝鮮問題を解決するためには)対話と交渉だけが実行可能な唯一の方法」と話した。

趙報道官はむしろ米国に対して「適切な時期にある領域の対朝制裁を取り消すなど具体的かつ可視的な措置を取るよう希望する」と述べた。米国は対朝制裁の必要性を強調して同盟を糾合し、中国はこれに反対して制裁緩和を主張し、事実上対朝制裁問題が米中競争の延長線上で扱われる議題になった。

◆韓米「高官制裁協議」復元の可能性

これに伴い、今回の北核首席代表会議後に予定された別途の韓米協議では、制裁問題を議論するための両国間の別途の協議チャネルを稼動する方案が議論されるのではないかという予想もある。朴槿恵(パク・クネ)政権時の2016年、韓米は高官チャネルを通じて制裁共助の威力を最高水準まで引き上げたが、このようなメカニズムを再稼働する可能性も注目されている。

2016年3月当時、韓国外交部の金ホン均(キム・ホンギュン)韓半島(朝鮮半島)平和交渉本部長と米国務省のソン・キム北朝鮮担当特別代表の間で行われた「高官対朝制裁協議」が代表的だ。当時外交部は「韓米が互いの独自制裁内容を説明し、相手側の制裁内容に対する疑問点を交換するのが目的」としながら「北朝鮮に対する圧迫を最大化する方案を検討して協議するだろう」と説明した。

また、同年2月と4月には2度にわたって、当時趙太庸(チョ・テヨン)青瓦台(チョンワデ、旧大統領府)国家安保室第1次長とトニー・ブリンケン米国務省副長官の間で「韓米高官戦略会議」を持ち、制裁共助問題について集中的に議論した。

引用元

中露の拒否権行使がかえって弾みつけることに…韓日米、「北朝鮮独自制裁」の可能性
中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします

 

スポンサーリンク

見解・考察

考える

文在寅前政権は北朝鮮との融和路線で政策を進めてきていました。
韓国のメディアはそれに応じて融和姿勢で報じてきていましたが、先月より尹錫悦新政権が発足。
前政権とは真逆に日米と共に制裁路線に踏み切ると見られています。
それに伴い韓国メディアの姿勢も変化しているようです。

文在寅前政権の政策を支持している韓国国民が未だに多くいるということもあり、制裁路線に急に変更するのは難しいのではないかと思われます。

また、日米間で「団結された同盟の力を示す」としていますが、日韓関係に改善の兆しが見えない状態で団結など出来るはずがありません。

尹錫悦大統領は日本との関係改善が優先のようなことを散々言っておきながら、無断で竹島周辺の日本のEEZ内での海洋調査を繰り返し強行しており、本当に関係改善を目指しているとは思えません。

北朝鮮との瀬取りも未だに行われているのではないかという見方もあり、制裁を加える意味をなさない状態になってしまっているのではないでしょうか。

いずれにしても、中露が安保理決議を拒否権発動させることが目に見えているとしている時点で独自制裁を行ったとしても中露から北へ秘密裏に支援が行われるのは明白であり、意味をなさない制裁になることは分かりきっています。

その一方で北朝鮮では現在コロナウイルスが流行しているとしています。
これまでは感染者はいないとしていましたが急に感染が拡大していると発表しました。
今ではやく360万人もの人が発熱しているとしており、事態は深刻のようです。

日本の林外相は講演で「あの国(北朝鮮)と国交はないが、放っておいてはならない」と述べました。
北側は日本を含む国々の呼び変えには応じていませんが、中国の支援を受けているとしています。

日米韓は本当に弾みをつけることが出来るのでしょうか。

韓国の反応

ラクダ

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・日本と手を握ったのに、正常とか抜かしてるやつらは、先祖たちがなぜ独立運動をしたと思っているのか?
独立がなければ日本市民として生きていたのだが?

・正直、当然ではないか
前政権は、あちこちの顔色をうかがって身動きできなかったが…
尹錫悦はよくやった

・韓米日協力強化ww
この話は何度も聞いたが、韓米日が何の協力をするというのかww
頭が空っぽな尹錫悦は対策がない!

・日本の自衛隊を休戦ラインに配置すれば、北韓軍は小便を漏らす
休戦ラインに日本軍が入るようにすれば、大韓民国の国防費は日本が負担してくれる

・北韓は、もはや韓民族と見るのは難しいのではないか
完全に洗脳されており、日本人よりもひどい

・国が逆に向かっているね
むしろ北韓を信じるべきで、日本は信じてはならない
日本を信じる人たちは、おそらく親日か売国奴だろう

・韓米日軍事同盟で、北韓、中国、ロシアを退けよう!

 

日本の反応

ゴリラ

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・そうだよ。制裁なら、日米韓独自でやれば良い。
アメリカの敵だったら、中国の仲間だから、中国が
賛成するわけがない。
遠くいるアメリカ、小さい日韓、制裁の効果がある
かは微妙だけど。

・威勢いいこと言っているけど、独自制裁というのは意味がないのだよな。完全なる自己満足。中露が制裁に参加しなければ、国境の北側から必要なものをいくらでも入れられる

・韓日米の雰囲気が変わったと自己満足のようですが
少なくとも日本と韓国の関係は変わりません。
中身が伴わないうわべだけでは、
何も変わりませんよ。

・瀬取りは止めたの?
言ってることと行動が反比例する摩訶不思議な国。
今まで行動が全てです。

・好きにすれば良い、どうせフェイク制裁でしょ、韓日米等とほざくな。
恩を仇で返す国、それが韓国。

・コウモリ外交続行中w

・中露や北朝鮮の立場が弱まると、
たちまち日米にすり寄ってきた乞食。

本記事のまとめ

森

米国は日米韓で同盟の結束を深めるとしていますが、日韓関係に改善が見られない限り難しいのではないでしょうか。

北朝鮮とのせどりも未だに行われているのではないかともしており、独自制裁は意味をなさないのは間違いなさそうです。

そして、独自制裁が行われている限り中露からの支援は続くのではないかと思われます。

どのようになっていくのでしょうか。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました