【韓国】徴用工問題解決に官民の協力機構を発足!「屈辱を受けるのだけは絶対にダメ」

スポンサーリンク

群衆

問題解決に向けた官民の協力機構を、韓国政府が発足させるとしました。
日本企業の資産売却を防ぎ、日韓関係改善の契機にしたい思惑があるのでしょうか。日本政府は解決策は韓国政府側が示すべきだとの姿勢を崩していないようです。

2022年6月19日、韓国・ソウル新聞によると、尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権が早ければ今月末に元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)問題の解決に向けた民間協力機構を発足させる。

記事は「この問題は文在寅(ムン・ジェイン)政権で4年近く放置されていたが、尹政権はこの問題を解決せずに日韓関係を回復させることは難しいと判断した」と分析している。

日韓の外交消息筋の話を総合すると、18年10月に韓国大法院(最高裁に相当)が日本製鉄に対し、日本植民地時代に労働を強いられたと主張する韓国人元徴用工らに1人1億ウォン(約1000万円)を賠償するよう命じる判決を出したが、その後に原告と被告間の対話は行われていない。

ある外交消息筋は「文政権の“被害者中心主義”の中で誰もこの問題を扱わずそのまま時間が流れ、ついに避けられない局面に入ってしまった」と説明したという。

記事は「賠償に向けた日本企業の韓国内資産売却が迫っており、このまま放置すれば日韓関係は破局を迎えることになる」とした上で、「尹政権が民間協力機構を通じて被害者らの望む解決方法を見つけ、日本企業の資産差し押さえを阻止できれば、日韓関係改善の糸口をつかむことができる」と指摘している。

さらに、大法院判決の後に強化された日本の対韓輸出管理措置や、実質的に作動していない状態の日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)についても「日本政府が最も神経をとがらせている日本企業の資産売却問題を阻止すれば、輸出管理措置の解除やGSOMIA正常化につながる可能性がある」としている。

岸田文雄首相は11日、アジア安全保障会議に出席した際に日韓関係について「旧朝鮮半島出身労働者問題をはじめとする日韓間の懸案を解決することが急務」との考えを示した。

記事は「今回、民間協力機構発足をきっかけに解決法を見つけられたら、日本政府が日韓関係悪化の責任を韓国政府に押し付けることは難しくなる」と期待しつつも、「ただ実際に解決法を見つけるのは難しいとの懸念も大きい」と伝えている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは

「無視していれば日本から歩み寄ってくるだろうに、なぜこんな屈辱的な外交をする?」
「韓国国民は日韓関係の改善なんて望んでいない」
「国と被害者らの気持ちを踏みにじる行為だ」
「いっそ何もしないほうがまし」
「日本の国レベルでの謝罪がほしいのであって、お金がほしいのではない」
「嫌な予感がする。この問題に対しては文政権のように強硬対応をするべきだ」

など、反発の声が多数寄せられている。

引用元

【尹政権】日韓関係改善に動き出す? 元徴用工問題で民間協力機構発足へ=韓国ネット「無視していれば日本から歩み寄ってくる」[06/20] [荒波φ★]

 

スポンサーリンク

見解・考察

考える

徴用工問題を巡っては韓国最高裁が2018年に日本企業に賠償を命じ、資産の売却手続きが進んでいます。

実際に現金化が実行されることになってしまった場合、日韓関係は改善不可能とも言えるくらい悪化しかねません。
尹錫悦政権は早期の日韓首脳会談などを通じた解決を模索しているとしていますが、日本側は、解決策は韓国政府側が示すべきだとの姿勢を崩していません。

問題解決に向けた官民合同の協議体を発足させ訴訟の当事者や市民団体に接触して意見聴取なんかすればまとまる話もまとまらなくなるのではないでしょうか。
その結果、日本側が譲歩しなければならない条件が出てくることになるのは間違いありません。

日韓関係改善に意欲を見せる尹錫悦政権ですが、本当に日本企業の資産差し押さえを阻止したいと考えるのであれば、文前大統領のように司法に圧力かけて売却命令を出さないようにすればいいのではないでしょうか。
韓国の司法って時の政権に忖度、おもねることが多くあるので大統領が尹錫悦に代わったことで、司法判断が変わる可能性もありえます。

朴振外交部長官が米国を訪問し、トニー・ブリンケン米国務長官との会談後の記者会見で、「GSOMIAを可能な限り早く正常化させることを望んでいる」と述べた後、さまざまな推測が出てきたようです。

韓国政府は日韓関係の懸念解決のためにGSOMIAを解いたりはしない方向を明らかにしているようですが、釜山の市民団体がGSOMIA正常化を推進している韓国政府に対し「屈辱外交」として糾弾しているようです。

同団体のハン・ウンジュ組織委員長は「GSOMIAの正常化は日本政府を後押しする愚かな決定だ。堂々たる主権者である市民と国民の力を集めて、GSOMIAの正常化を阻むだろう」と話したようです。

韓国の反応

ラクダ

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・どうして実益の無い政治をするの?文政府に反対するのが政治的使命なのかな。

・日本に従うならユン氏は弾劾だよ…。国民が黙っておかないよ。

・せっかく現政府を気に入ったという話が出てるのに!屈辱を受けるのだけは絶対にダメだよ!

・日本と対等、またさらに良くなるまでは円満な関係に努めた方が良いね。

日本人は絶対に仲良く付き合えない人達だよ。親日する人間もね。

・確実に、明確に発言してやれよ。真面目に我慢してきたんだから、謝罪しろってね。

・親日売国奴は絶対にダメだよ!どうして反日不買運動が起きたのか、よく考えてみろ。

・歴史を振り返っても、日本では強硬に出るのが正解。
韓国の統一に反対する国は、日本と自国の利益のみを追求する中国だけ。

・まだ本格的に政府を始動させていないが、すでに 日本外交の禍根を残す雰囲気になりつつあるのでしょうか。

・見てみると、慰安婦と強制徴用問題をうまく利用するのが日本政府なんですね。

 

日本の反応

ゴリラ

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・あくまで韓国の国内問題なので、日本側は高みの見物でよろしいかと思うので、譲歩は決してしないようにお願いしたい。

・日本のEEZ内で活動した調査船の例を見ると、やはり日本への敵意剥き出しの姿勢、方針は変わってないと見た方がいいだろう。
尹錫悦政権もケースバイケースで日本を利用できることは利用できるように改めるが、国民感情(反日感情)に逆らうことはしない!ってことだと思うから過度な期待などするとバカを見るのは日本だけってことになるだろうな…

・現金化で日韓は終わるか、合意を守って首の皮一枚の関係を続けるのか二択でしょ。
正常化するにはこれだけでは終わらず、日本からすると問題だらけですからね。

・協議体とか発足させなくても、あちらが請求権協定を守れば
済む話なんですが。それに、協議体内で話し合ったところで
請求権協定を守るなんて意見は絶対に出てこないでしょうね。

・韓国が日本に謝罪した上で合意を履行するのか、はたまた前政権の思惑と司法の判断に基づいて合意を白紙にして現金化するのか、どちらかしかないよね。

・そもそも2015年の日韓合意で慰安婦問題が終息するとなるや否や、今度は徴用工!と叫びだして来た。
何も解決しないだろうな、期待するだけ無駄だろう。
これも日本から金を引き出す為の算段に過ぎないだろう。

・尹錫悦は日本との関係改善に前向きな姿勢を示せば、日本はすぐに謝罪も賠償もしてくれると周りに話していたらしい。なので、日本が日韓首脳会談に乗り気でないことを、本気で困惑しているらしい。

本記事のまとめ

山と雲

日本企業の資産現金化手続きを防ぐことで日韓関係改善の糸口としているようです。
これを契機に輸出管理措置の解除やGSOMIA正常化につなげていこうとしているということなのでしょう。

GSOMIA正常化については市民団体の反発が出てきていることもあり、日韓関係改善はまだまだ遠いようです。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました