【韓国】米国の影響で株価ウォン大幅下落!借金世界一となった韓国はどうなってしまうのか!「韓国は対策が無い」

スポンサーリンク
株価

韓国では株、ウォン共に大幅下落しており、金融安定指数も注意段階に到達したようです。

米国の金利上昇に伴い金利を上昇させたいところですが、世界一となった家計負債の影響で積極的に金利上昇を行うことができません。

韓国経済はどうなってしまうのでしょうか。

 「KOSPI -20%、ドルあたりウォン相場 -7.78%」

株と韓国ウォンの価値はもちろん、国債価格も年初に比べ大きく下落している。米国と韓国の中央銀行による強い緊縮への動きと景気鈍化への懸念により、主要な金融指標が急落している状態だ。これにともない、金融の安定状態を示す「金融安定指数」(Financial Stability Index, FSI)が最近、「注意」段階に到達したことがわかった。金融市場で鳴り響く警告音に注目しなければならないという懸念が生じている。

20日、KOSPIは前日より49.90(2.04%)下げた2391.03で取引を終えた。終値基準で2400台を切ったのは、2020年11月4日(2357.32)以来。今年1月3日に2988.77で取引を終えたKOSPIが、約6カ月後には2400台を割り込んだ。ウォン・ドル為替は前日比で5.1ウォン安い1292.4ウォンで取引を終えた。年初にはウォン・ドル為替は1191.8ウォンだったのが、半年間で100.6ウォンもウォン安になった。年初は年1%台だった国債3年物の金利は、3.675%で取引を終えた。

この日の韓国銀行と金融業界によると、先月のFSIは注意段階(8以上)に達したと推定される。FSIは、世界金融危機当時の2008年1月に注意段階に到達した後、8カ月後に危機段階に突入した。現時点で公開されている数値は、2月の7.4だ。ある関係者は「2月以降、金融市場の変動性が拡大し、数値がさらに上昇した可能性が高い」と述べた。FSIは、コロナ禍初期の2020年4月、一時24.4になった後、0~2の間で安定していたが、昨年10月からふたたび揺れ動いている。FSIは、株式・為替・債権市場、銀行の延滞率、経常収支、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)スプレッド、成長率や物価上昇率などを総合的に反映する金融の安定指標だ。

FSIは、IMF危機(100)や世界金融危機(57.5)などの過去の経済危機のたびに上昇した。注意段階の臨界値の8を超えた後、上昇を続け、6~8カ月後に危機段階(22以上)になり、危機段階は9~27カ月間続いた。今回のFSIの注意段階への到達を注視しなければならないという話が出てくるのはそのためだ。

同様に、金融脆弱性指数(Financial Vulnerability Index, FVI)の動きも尋常ではない。現時点で公開されている数値は、昨年第4四半期基準の54.2で、2009年第2四半期の世界金融危機(52.4)に近い水準だったが、今年第1四半期は、これよりさらに上昇したことが把握されている。FVIは、金融機関の対応能力まで考慮しており、中長期的な金融の安定状況を示す。韓国銀行は22日にFSIとFVIの最新の数値を発表する予定だ。

金融当局は、市場変動性が金融システム全体の危機に拡大するかどうかを心配している状況だ。金融市場は債券と債務が複雑に絡みあっており、一方で問題が起きると、ドミノ式に危機が生じる可能性がある。特に、コロナ禍の期間中に「借金して投資」をした家計と企業の返済能力が悪化すれば、関連する金融機関の健全性にも問題が生じる。現在の資産価格は、株式や債券だけでなく住宅価格についても、ソウルのマンション価格が先週2年ぶりに下落(先週比)するなど、変動性が激しくなっている。韓国内の銀行が不良債券に備え積み立てる積立金の割合(貸倒引当金積立率)は、今年第1四半期基準で181.6%であり、前半期末(165.9%)に比べ15.7ポイント高い状態だ。金融監督院のイ・ボクヒョン院長はこの日、頭取たちと会談し、「新型コロナに対応するための財政・金融支援により、不渡り率が過小評価されている可能性が高い」としたうえで、「より保守的な将来の見通しを反映し、引当金を十分に蓄積するなど、損失吸収能力を拡充しなければならない」と強調した。

引用元

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

 

スポンサーリンク

見解・考察

考える

20日、韓国の総合株価指数(コスピ)は2.04%下落で取引を終えましたが、アジア証券市場で韓国だけ2%以上急落したようです。
米国連邦準備制度が攻撃的な金利引き上げに突入すると、外国人が大挙資金を引いたためと分析されました。
米国の金利が上がれば、国際資本は相対的に危険な新興市場でひとまず資金を差し引くのが慣例としています。

そして、韓国では家計債務が国家経済規模対比世界1位に達しているようです。
企業負債の増加速度は世界2位の水準となっており、貸出総量規制・基準金利引き上げなど増える貸出を抑える為の努力が続いているとしていますが、力不足であると見られています。

家計債務状況が危険水位を示し、今後基準金利引き上げ速度はさらに速くなるものと予想され、特に今年に入って小幅減少した家計負債規模が5月から再び増加傾向を示したのも基準金利引き上げ速度に影響を及ぼすものとしています。

ずっと警鐘を発せられていましたが、なるべくしてなった、なっていくということなのでしょう。
そこに個人的な希望的観測や防止策は何の役にも立たずに、影響を被る人間は被るべくして被る事になります。

物価高を抑制するにも有効手段である金利を上げるにも積極的には上げられないという事情が存在します。
懸念材料には事欠きませんが安心できる材料を提供できなければ市場は反応してはくれません。

韓国の場合は異常ともいえる家計債務超過そして企業の債務超過、脆弱な基盤の上での株価、ウォンの大幅下落であり、日本のバブル崩壊や米国のリーマンショックの様な経済ショックでは済まないという見方があります。
再度のデフォルト目前という状況下で今回はスワップなど日米の支援も望めず事後に対する対策は極めて困難とも言える状況になってしまっているのではないでしょうか。

韓国の反応

猿

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・大統領という者が経済に対して対策がないと言うのが正気なのか、本当に尹錫悦が5年間国政をまともに運営するのか心配だ

・中国は、GDP2位に外貨準備高で圧倒的な1位、日本はGDP3位に基軸通貨国、韓国はGDP10位圏通貨は聞いたことがない、日本はゼロ金利に10、7年物国債0.25以上で無条件購入中、中国は引き続き金利引き下げ中だったし、これが比較になる状況です

・米国が大幅な利上げを予告しているが、韓国は対策が無いと聞いているので世界的な高金利で仕方ない状況だという。金利逆転になれば資金が流出するのか?

・外国人がなんで韓国から資金を引いてるみたいなの?理由分かるのに話せないの?これからが始まりだ。 昨日、金監委員長が銀行頭取を呼んで金利引き上げをするなと言ったそうですが、それが銀行頭取の勝手になるわけでもなく、米国ジャイアントステップもまた予告されているのに金利まで逆転すれば本当に見ものになるだろう

・株式市場の大きな流れを防ぐことはできないが、国の大統領が対策なしというシグナルを与えているのに、外国人と機関が売り越しを止めることはできない。今年上半期だけ見ても全世界唯一無二の下落率だね

 

日本の反応

ゴリラ

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・金利を上げると借金は増える。万策が尽きて、ウォン安でお手上げ状態。解雇された就業者が借金までして投資は深刻な社会問題です。

・日本では株などの投資によって所得を倍増しようと呼びかけていますが
良い見本がここにありますね

・デフォルトも3度目だけど、
呑気というか、無知というか。
ここまで来ても見栄っぱりなので
勝手にして欲しい。

・前政権の撒いた種が、早速芽を出した印象。
もっとも問題はかなり根深いから、今更すべて摘み取るのは無理だろう。

・今まで、散々日本に対して反日姿勢を貫いていたことのしっぺ返しを
思いしるが良い。日本は助けない。

・借金して不動産投資、借金して株式投資、借金して仮想通貨投資ですからね。金利が上昇で利息の支払いも爆上り、バンザイしちゃう人がこれからどんどん出てくるでしょうね。日韓通貨スワップなんて結んだらただの連帯保証人ですよ。おまけに無理やり結ばされたとか、結んであげたのはこちらの方だなんて言われちゃいますからね。

・完全に韓国経済バブル崩壊したね
連鎖的な倒産もある

・IMFに散々突っ込まれてたのに日本見て安心してるような国民性だし…

・日本は関係ありません!

・さっさとデフォルトしろ

本記事のまとめ

お金

経済状況は日本も韓国も大して変わらないという声もあるようですが、日本と韓国の大きな違いは韓国のように借金までして株や不動産に投資している人はそれ程いないというところです。

膨れ上がった家計負債率の影響で物価高を抑制するために金利を上げるということが容易ではありません。

韓国経済の今後に注目です。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました