【日韓関係】尹政権の支持率が急落!支持率回復には反日しかない!?日韓関係はどうなるのか!

スポンサーリンク
群衆

徴用工問題で日本企業の資産現金化に備えた対抗措置を検討しているようです。

日本政府は韓国側に解決策は韓国から提示するべきとの姿勢を崩していません。

4年ぶりの日本の首相と韓国外相の個別面会や、4年7カ月ぶりの日韓外相会談が行われましたが、漠然とした「認識の一致」はあれ、「具体的な合意」は何もないまま終了しました。

制徴用賠償問題に関連し、日本政府が関連日本企業の資産売却など現金化に備えた「対抗措置」を検討していることが伝えられた。

日本経済新聞は22日、強制徴用賠償問題に関連し、韓国で日本企業に対する資産売却など現金化措置が取られる場合に備え、外務省が「対抗措置」を準備していると報じた。政府与党である自民党は今月21日に外交部会議を開催したが、この席に出席した佐藤正久部会長が会議直後に外務省の対抗措置検討事実を伝えた。外務省側が「(現金化は)深刻な問題なので具体的な措置を考えている」と明らかにしたという。

◆対抗措置、抗議や残念水準ではない

産経新聞はこれに関連して日本外務省が検討している対抗措置は抗議や遺憾レベルではないと報じた。外務省が口頭レベルではない別途の対抗措置をシミュレーションしているという。

自民党内の強硬な雰囲気も伝えた。強制徴用関連の現金化問題に関連して「安易に譲るべきではない」という声が高いという説明だ。産経はあわせて尹錫悦(ユン・ソクヨル)政府の支持率下落に言及し、自民党内で「(韓国政府が)支持率が下がると反日カードを切ってきた過去の事実がある」という佐藤氏の発言も報道した。今年5月に新たに発足した尹錫悦政府が韓日関係改善を前面に出しているが、支持率が落ちれば反日を掲げて世論集めに出るだろうという「不信」を伝えたのだ。

佐藤氏は韓国に関連して強硬な発言を繰り返す政治家の一人に挙げられる。最近、朴振(パク・ジン)外交部長官は20日に2泊3日間の訪日活動を終えて強制徴用賠償問題に関連して「日本側の誠意ある呼応が必要だ」と言及したことがあるが、これについて「言語道断でありルール違反」と厳しい姿勢を見せた。

◆「解決策要求する日本」…対抗措置言及の背景には

朴長官は18日、日本を訪れて林芳正外相と会って会談を行った。韓日両国の外相が向き合ったのは4年7カ月ぶりのことで、この席で朴長官は強制徴用賠償問題に関連し、国内で進められている官民合同協議会の協議内容を説明して「現金化が行われる前に望ましい解決策が出るよう努力する」と言及した。

韓国政府が解決策を摸索しているところなので日本も積極的に問題解決に出てほしいという趣旨だったが日本の反応は冷たかった。外相会談当時、口頭発言の公開や共同記者会見はなかった。翌19日の岸田文雄首相との面談でも朴長官は強制徴用問題解決に関連した韓国の動きを説明したが、岸田首相は最初から言及を避けた。面談直後、記者団に対して「尹大統領の安倍元総理逝去に対する弔意のメッセージが伝えられ、私の方から謝意をお伝え頂きたいということを申し上げた」とし、弔意を受けたとだけ短く答えた。「強制徴用問題解決は韓国が提示しなければならない」という強硬な立場を迂回的に伝えたのだ。

東海大学国際学科の金慶珠(キム・ギョンジュ)教授は日本政府が「対抗措置」を検討した背景として、尹錫悦政府に対する支持率下落と安倍晋三元首相死去に伴う日本自民党内の分裂を懸念に挙げた。金教授は「強制徴用問題や慰安婦問題などを解決するためには韓国政府が被害者を説得して世論の支持を得るべきだが、最近尹政府の支持率が下落して、尹政府が韓日関係改善をしていくことができる力があるかどうかに対する疑問が湧いている」と説明した。

金教授はあわせて「安倍元首相の死去で岸田政権としても安倍氏の強硬な政治路線をある程度短期的に従わざるをえない」と解説した。自民党内最大派閥である安倍派の求心点が消えながら、自民党が「身内争い」に陥ることを警戒するために歴史問題に対して強硬な立場を見せるだろうという分析だ。

引用元

404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています

 

スポンサーリンク

見解・考察

考える

岸田首相は19日に韓国の朴振外相と官邸で面会しました。
「元徴用工」訴訟をめぐる異常判決を始めとする一連の「反日」暴挙で悪化した日韓関係の改善に向けて意見交換したようです。

韓国メディアは「日本の謝罪」や「資金提供」が前提のように報じており、朴氏も「日本側の誠意ある呼応を期待する」と語ったとしています。

韓国はやはり何があっても自分たちは悪くはない悪いのは全て日本という考えしかないようです。

徴用工問題の他、レーダー照射事件やGSOMIAの事実上の破棄など数々の暴挙に対して自分たちは謝罪せず、日本には謝罪をとにかく要求してきます。

これが日本以外であれば既に制裁をされているのではないでしょうか。
日本は制裁せずに待ちましたが新政権になっても具体的な解決策は未だ出てこない状況です。
対抗措置を検討しているとしていますが、韓国には強い態度で毅然とした対応をしていかなければいつまでも解決した問題を蒸し返されることになります。

現政権になり日韓関係改善を望んでいるとしていましたが、竹島の調査を強行、日本の防衛白書に竹島が日本固有の領土であると記載したことについて遺憾表明を行いました。
少なからず反日派にも配慮したということなのでしょうが、これでは日韓関係改善などあり得ない話になりかねません。

そして、尹政権の支持率は32%まで下落してしまったようです。
反日ではなく関係改善を目指す親日と見られているため反日派を説得できない限り支持率の上昇を見込むことが出来ないということでしょう。

当然ですが、全ての韓国人が反日というわけではなく中には反日に嫌気が差してしまった韓国人もいるようです。

韓国の反応

魚群

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・本当に韓国政府なのか親日傀儡政権なのか..

・文在寅政権は支持率が墜落せずに40%台を地道に維持したのに、日本は何故反日したと思うの?被害意識に満ちた国を見てみよう

・李大統領も支持率が暴落した時、いきなりヘリに乗って独島に行って独島は我々の領土を叫んだ

・主敵の中の主敵

・嫌韓で暮らす奴らが吠える

・これは見るまでもなく全てが日本の間違いです

・日本の反省がない限り反日は永続する。特定の時期にだけ反日があるわけではないということだ

・日本とは本当に一回戦わなければならないのか..本当の主敵は日本だ

・文在寅政府の時は支持率が高かったのに反日だった? 反日しない政権がおかしいのだ

・反日は擁護しながら実質的脅威に直接的に被害を与える中国には口が沈黙

・嫌韓も過ちであり、親日はもっと大きな問題です。
だからといって反日が正当化されるのではありません。

・反日でも自己自由ですが、ほとんど選択的反日です。

・反日嫌韓一本全部同じような性格だと思うwww
平凡な人たちはただそうしようとして生きているのに

 

日本の反応

ゴリラ

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・そもそも1965年にすべて解決済みのことを今さらながらに喚いてどーするんだ?
それに喚くにしても韓国政府に対してだろうが
いい加減 身の程を弁えろ

・支持率関係なく反日は日常でしょ。朝鮮人の娯楽だから。楽しみを奪っちゃいけないよ。

・韓国は歴史問題にしたいのでしょ
韓国は国際法違反したので日本政府が怒っています
問題をすり替え無いで下さい

・普通なら既に制裁しています。
制裁せずにひたすら日本は待ちましたが新政権になっても具体的な解決策は未だに出てこない。それでいて日韓関係は改善したいと言う。

・言葉は要らない、結果で示せ
たったこれだけしか日本は求めて無い、つまりこれをやるだけで関係改善の糸口になるかもしれないのに、何で出来ないの?自称世界一優秀な民族さん…

・近寄らない、関わらない、決して助けない
これしかない、他に選択肢はない。

・あちらのメディアは
「韓国、支持率下落すると反日する」ということは
一応理解しているようだな。

本記事のまとめ

崖

韓国の歴代の政権を見てからも分かりますが、支持率低下したときに反日を行うと支持率が上がるという現象が起こるようです。

文前政権時にはこれを多用したことにより日韓関係は大きく悪化してしまうことになったのではないでしょうか。

この状況を改善するのであれば、韓国が問題解決策を提示しなければならないと思われます。

今後の日韓関係はどのようになるのでしょうか。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました