【韓国】米韓スワップ再開に期待するも叶わず!?次の手段のFIMAレポとは!?どうなる韓国!

スポンサーリンク
お金

韓国経済崩壊への進行が止まりません。

イエレン財務長官との会談で通貨スワップ再締結への糸口をつかんだとしましたが、実際は上手くあしらわれてしまっていただけのようです。

次の一手をFIMAレポファシリティが注目されているようですが、韓国経済はどうなってしまうのでしょうか。

ウォン安が急ピッチで進んでいる。 ウォン·ドル為替レートは15日、13年2カ月ぶりに1320ウォンを突破し、天井知らずに急騰している。 金融界ではウォン/ドル為替レートが上昇傾向を持続すれば、まもなく1400ウォン台を越え1600ウォン台まで突破できるという緊張感さえ漂う。

問題はウォン安防御のために外国為替当局が介入に乗り出し、最近8ヶ月間に「外貨非常金」である外貨保有額は300億ドル以上急減した。 ドル高の流れは今後も続くものと見られ、金融界の一部では1998年「国際通貨基金(IMF)通貨危機」が再現される恐れがあるという憂慮の声まで出ている。

ドル高は外貨準備高の減少をもたらすと同時に、輸入物価の上昇も刺激し、輸入依存度の高い韓国は3ヵ月(第2四半期)連続貿易収支の赤字を経験している。 3カ月連続の貿易収支赤字は金融危機だった2008年6-9月以降14年ぶりだ。

政府はドル高による外貨準備高の減少、輸入物価の上昇を防御しなければならない課題を抱えているわけだ。 専門家たちは外国為替市場の安全弁の役割をする韓米通貨スワップ再締結がいつにも増して切実だと見ている。

●8ヵ月間で309億ドル蒸発した外国為替

韓国銀行によると、韓国の外貨保有高は今年6月末基準で4382億8000万ドルと、前月比94億3000万ドル減少した。 このような減少幅は08年11月(117億5000万ドル)以来13年7ヵ月ぶりの最大だ。
昨年10月までは、国内の外貨保有高は4692億1000万ドルと史上最高値を記録したが、その後減り始め、8ヵ月ぶりに309億3000万ドルが蒸発したのだ。

●外貨準備高、本当に適正水準なのか

外貨保有高は対外支給準備資産で、為替レートの不安定と国際収支の不均衡を緩和するのに利用され、国家経済の防波堤の役割をする。 このため、外貨準備高の規模がどの程度の水準を維持するかは、国家信任度と直結する。 問題は韓国の外貨準備高が適正水準を下回っているという点だ。
IMF(国際通貨基金)は適正外貨準備高で年間輸出額の5%、市中通貨量の5%、流動外債の30%、外国為替証券およびその他投資金残高の15%などを合わせた額の100~150%を見積もっている。 しかし、韓国の該当比重は98.94%で、関連統計が作成された00年以後、最も低い数値を示した。 最近、外貨準備高の減少傾向が激しくなっただけに、今年の適正外貨準備高の割合はさらに下がるものと推定される。

世宗大経営学部のキム·テジョン教授は「ウォン/ドル為替レートが1400ウォン台に進入した2008年金融危機時代、当時企画財政部のカン·マンス長官が米国に駆け込み、シティグループのウィリアム·ローズ副会長、シティグループのロバート·ルービン顧問を動員して韓米通貨スワップを劇的に結び、金融市場の不安を静めた前例がある」とし「ユン·ソクヨル大統領も韓米通貨スワップ締結に積極的に乗り出さなければならない」と強調した。

「通貨危機の可能性が低くても通貨スワップを再開すべき」

直ちに通貨危機の可能性は低いが長期的に韓米通貨スワップ再協定が必要だという見解もある。 韓国金融研究院のパク·ソンウクマクロ経済研究室長は「外国為替保有額の減少は強ドルによる要因が大きいだけに、現在憂慮すべき水準ではないが、対外不確実性が大きくなった状況で米国と通貨スワップ常時化締結などを通じて実弾を確保する必要がある」と説明した。

 

スポンサーリンク

見解・考察

考える

尹錫悦大統領は19日にジャネット・イエレン米財務部長官と会談しましたが、そこで韓国の成果として韓米通貨スワップの再締結の糸口を作ったことしたようです。

「通貨スワップ」の言葉は明言されていませんが、両国は外国為替市場関連で協力に合意し、多様な協力策を実行する余力があるという認識を共有したとしました。

しかし、実際にはイエレン財務長官に上手くあしらわれたという形になるのではないでしょうか。

米国側は通貨スワップを行ったことで為替介入のためにドルが使われるということが分かっているためスワップに応じることはあり得ないことです。

韓国は韓米通貨スワップを締結することが出来なかった場合、次の一手としてFIMAレポファシリティが注目されているようです。

FIMAレポファシリティとは米連邦準備制度理事会(FRB)が他国の中央銀行が保有する米国債を売り戻す条件付きで買い取る制度となっています。

米国籍を担保にドルを借りるということになりますが、買い戻さなければならないため厳しい状況が変わることはなさそうです。

次の一手としているところを見ると米国とのスワップを締結することは厳しいと見ているということなのではないでしょうか。

これまでは米国債を手放すということだけはしませんでしたが、そこに手を付けるということは韓国は詰んでしまっていると言っているようなものです。

同時に日本に対して通貨スワップ再開を期待せざるを得ないことになってくると思われますが、過去の経緯や歴史問題を抱えた日本に期待するだけ無駄なことです。

韓国の反応

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・政権交代からわずか2ヶ月なのに、大韓民国が滅びている。 コロナも各自、自由にやれって言ったり、高物価、高為替レート、高金利で厳しい状況に手をこまねいている政府

・文政府時代には毎年蓄積されてきた外貨保有高が、どうして数ヵ月ぶりにIMFから警告対象になるまで減ったのか?そんなに多かった外国為替はどこへ行ったのか?

・尹政府は、しっかりしろ、第2のIMFの兆しが見えているのに、経済の首長が見えず、無駄な政争で国を駄目にしている

・これは全て尹錫悦のせいだ

・もし、前政権でこの程度なら、マスコミが狂った様に報道している筈なのに、尹錫悦には一言も言わない

・アメリカが必要とする時に通貨スワップを結んでくれるのに、国内で経済復活云々するのは何の意味があるのか?

・2008年の時は米国発金融危機、文在寅のときは、コロナ·パンデミック、アメリカでさえ危険で他の国々と臨時にスワップを結んだのであって、衝撃波が終わっていくから自然に終了したんですが

・アメリカが結ぶつもりもないのに、韓国だけでやれって言われて通貨スワップが出来るか?

・国を滅ぼす尹錫悦

 

日本の反応

ゴリラ

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・為替介入前提のスワップが認められると?
為替介入できないならスワップしてもウォン安止まらんやろ?
何がしたいん?

・いい加減 現実を直視しろ
どれだけ喚いたところで
もはやIMFは来ないし
日米も助けない
身の程を弁え とっとと 破綻し 滅べ

・安心しろ!
IMF は韓国には来ないと宣言してる。そのままデフォルトしてスリランカかと同じ道を歩む事になる

・米国は為替介入する韓国とスワップは無理です
日本は勝手に日本資産を差し押さえする韓国とスワップは無理です

・ムンちゃんは本当にラッキーだな。
もう一年任期があれば最高に面白かっただろうな。

・日韓基本条約違反状態にして退任
検察の権限を大幅に減らして老後も安泰
恒久的に日韓関係をぶっ壊した立派な大統領だったな

・2ヶ月の現政権に問題を押し付けるのは置いといて
その2ヶ月足らずで傾く韓国経済の方が問題なんじゃないの?w
十数年に1度経済危機が起きるところを見ると韓国経済の惰弱性の問題だろ

・よほど余裕がなくなったのかここ2週間くらい毎日スワップ記事見るようになったな
そろそろ新たな外貨獲得手段として日本への韓国人労働者の就労推進してきそう

本記事のまとめ

困惑

韓国は日本や米国とのスワップが喉から手が出るほど欲しいと思っているのは間違いありません。

たとえ、韓国がまともな国だったとしても、崩壊寸前の状況でスワップを締結するお人好しな国はないのではないでしょうか。
FIMAレポファシリティを利用することになるのでしょうか。

今後の韓国経済に注目です。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました