【韓国】「なぜ韓国が日本に低姿勢」日韓関係改善をさせたい韓国!「普通の外交すらできない状態にしたのはどこだよ?」

スポンサーリンク

YOUTUBEやっています。

作った記事を不定期で動画にして配信しています。
よろしければ、チャンネル登録してもらえるとありがたいです。

YOUTUBEチャンネルはこちらからどうぞ

よろしくお願いします。

安倍元首相の国葬に韓国代表として出席した韓国のハン首相ですが、日本の岸田首相と会談しました。

「外交当局間の意思疎通を加速させる」ことで一致したとしました。
ユン大統領は先日、バイデン大統領との歓談後に暴言を吐いていたこともあり、岸田首相も同様に言われているのではないでしょうか。

ハン首相はその後、ハリス米副大統領と会談を行い、非公開だった日程をうっかりばらしてしまうなどの失態をしてしまったようです。

安倍晋三元首相国葬に韓国政府代表として出席したハン·ドクス首相が28日に岸田文雄首相と面談します。 21日、米ニューヨークで尹錫悦大統領と岸田首相が会ってから約一週間ぶりのことです。

新政権が発足して以来、韓日高官間の会談が相次いで実現しています。 現地時間19日、米ニューヨークで4回目の韓日外相会談が開かれましたが。 同日、パク·ジン外交部長官は林芳正外相と約50分間話を交わしました。

■ 「韓国と違って日本は慎重」…「加害者と被害者が逆転するのではないか憂慮」

このように政府高官の会談が続いているのは、韓国と日本の両方が強制動員問題などの懸案を解決し、両国関係を改善する必要性に共感しているからです。 しかし、専門家たちはこのような時であればあるほど急いではならないと口をそろえて言います。

代表的な事例がまさに最近、米国ニューヨークで開かれた「韓日首脳略式会談」です。 その日の会談はテーブルや国旗掲揚のような格式を備えておらず、30分間略式で進行されました。 また、韓国政府は「略式会談」、日本政府は「懇談」と発表し、なぜ別の表現を使うのかも論難になりました。

キム·ヒョンチョルソウル大学日本研究所長は、この会談関連の論議が、今の韓国と日本の状況をそのまま示していると述べています。 キム所長は「韓国政府の努力が外交的成果につながるためには結局日本の反応が重要だが、日本は国内世論と執権党内の権力構造のために韓国の積極的な努力に呼応できない状況」と話した。 このような理由で日本は非常に慎重に接近している反面、韓国政府は急いで動く状況の中に「ミスマッチ」があり、それがまさに韓日首脳会談さえもこじれる根本的な理由だということです。

そして、外交的な成果だけのために生半可に動くのは危険だと再度強調しました。 キム所長は「国内的な立場から見ると、今加害者と被害者が逆転する状況に行くようで憂慮される」として「慰安婦と強制動員共に日本が加害者であり韓国が被害者なのに、性急に接近した結果、むしろ日本が宿題を出して私たちが宿題を解かなければならない現象が起きている」と説明しました。

■「韓日間対話の扉が開く」…強制動員の解決策はいつ頃?

もちろん、高官級会談が頻繁に行われるのは、韓日間の対話の扉が開いたという意味でもあります。 国民大日本学科のイ·ウォンドク教授は「高位級対話が続くのは懸案が解決の局面に入っているということであり、したがって関係改善の方向に進展していると解釈できる」と話しました。

韓日首脳略式会談の論議は構造的な問題ではないと見ました。 イ教授は「日本は首脳会談の細部的な部分を調整していると考えたが、韓国が発表すると仕方なく引きずられた感じで受け入れてできた若干のエピソードだと思う」と伝えました。

強制動員解決法と関連して、イ教授は「今、国内で議論されている方案にある程度日本も理解しているようだ」とし、「ただし、韓国で何らかの解決策が出てきた後、後続措置に一貫性がなかった場合があり、日本が不信を持っているのは事実」と強調しました。

外交部が主導した官民協議会の事実上最後の会議だった第4回会議が開かれてから20日が過ぎました。
その後、政府が出した明確な解決策はまだありません。 外交部当局者は今日(27日)、「より拡張された形態の意見収斂過程を経て、皆が受け入れられる合理的な方案を用意することになる」という言葉を繰り返し、「その過程で韓国国内だけでなく日本と疎通、協議する外交的努力も続けていく予定」と述べました。

■ニュース見解(700文字程度)※記事に対する見解・関連ニュースや深掘り考察
==========================================
韓国のハン·ドクス首相との会談では、日韓関係の改善に向け、「外交当局間の意思疎通を加速させる」ことで一致したようです。

ハン首相は「両国は民主的価値と市場経済を共有する重要なパートナーだ。新政権は韓日関係の早期改善が共同の利益に合致すると思っている」と述べました。

日韓関係を巡っては、最大の懸案である元徴用工問題について、いまだに早期解決に至る道筋は見通せていない状況です。

現金化を実行すると思われていた、8月中旬から9月にかけて日本企業の資産現金化の動きは、当面、先送りされる見通しとなり、日韓両政府は束の間の猶予期間を手にした形となりました。

ただ、両国間で首脳級の対話が継続的に行われており、関係改善を模索する方向性では一致しているようです。

その一方でハン首相は27日、東京都オークラホテルでハリス副大統領と歓談。
米国の副大統領による非武装地帯(DMZ)の視察は朝鮮による核問題において韓国の安保と平和を守るためにも非常に重要としました。

ハリス米国副大統領は29日に南北の軍事境界線があるDMZを視察を行い、米国のホワイトハウスは声明で朝鮮戦争が休戦し、70周年を迎えるとし、米韓同盟がまだ強く結ばれていることを強調できる機会と伝えています。

このハリス副大統領のDMZ訪問計画ですが、ハン首相の発言により明らかになったものとしており、米国行政部の関係者は当初から日程を非公開としてきました。

ハン首相がうっかり秘密をばらしてしまう大失態によりホワイトハウスが困惑したそうです。

引用元

2ろぐちゃんねる-5chまとめブログ
記事がありません

 

スポンサーリンク

見解・考察

考える

韓国のハン·ドクス首相との会談では、日韓関係の改善に向け、「外交当局間の意思疎通を加速させる」ことで一致したようです。

ハン首相は「両国は民主的価値と市場経済を共有する重要なパートナーだ。新政権は韓日関係の早期改善が共同の利益に合致すると思っている」と述べました。

日韓関係を巡っては、最大の懸案である元徴用工問題について、いまだに早期解決に至る道筋は見通せていない状況です。

現金化を実行すると思われていた、8月中旬から9月にかけて日本企業の資産現金化の動きは、当面、先送りされる見通しとなり、日韓両政府は束の間の猶予期間を手にした形となりました。

ただ、両国間で首脳級の対話が継続的に行われており、関係改善を模索する方向性では一致しているようです。

その一方でハン首相は27日、東京都オークラホテルでハリス副大統領と歓談。
米国の副大統領による非武装地帯(DMZ)の視察は朝鮮による核問題において韓国の安保と平和を守るためにも非常に重要としました。

ハリス米国副大統領は29日に南北の軍事境界線があるDMZを視察を行い、米国のホワイトハウスは声明で朝鮮戦争が休戦し、70周年を迎えるとし、米韓同盟がまだ強く結ばれていることを強調できる機会と伝えています。

このハリス副大統領のDMZ訪問計画ですが、ハン首相の発言により明らかになったものとしており、米国行政部の関係者は当初から日程を非公開としてきました。

ハン首相がうっかり秘密をばらしてしまう大失態によりホワイトハウスが困惑したそうです。

韓国の反応

虎

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・親しく過ごした方がいいと思う。もううんざり。

・緻密な外交をしよう。

・どれだけ醜くなるか見守りましょう。

・安保状況と素材部品の方面から見れば日本と断絶すれば韓国は耐えられない。

・何のために屈辱的な外交をするのか…恥辱だ。

・日本は盗人猛々しい。

・困難な政局突破のために日本は韓国を利用しているし、ユンソクヨルは何の利用をされているのか分からないまましがみつく。

・なぜ韓国が日本に低姿勢を見せているのか。

・日本が大韓民国にどういうことをしたのか忘れているようだ!

日本の反応

ゴリラ

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・もっとその声を大きくして、ぜひ断交にもって行ってくれ、

・はいはい、被害者被害者
反日洗脳民族も もうすぐ破綻
楽しみです、日本国民からお祝い申し上げます

・被害者加害者言ってる時点で無理だろ。長年の反日教育が仇となったなww 万事休すです。サヨオナラ

・親密な外交? ふざけんな!
普通の外交すらできない状態にしたのはどこだよ?
自分に心地の良い情報しか受け入れない国民が
これからどうなるかみてみよう!

・何度話し合っても「日本が譲歩しろ」としか言わない。
いいかげん話し合いを拒否してほしい。

・真実を知ると日本に感謝するしかないから仕方ないね
人格破綻者の馬韓国人が勝手に経済破綻するのは日本のせいではない

・会談が終われば「この野郎ども」とでも言ってるだろうよ。

・バイデンの悪口言ってたのカメラに収められてたしどうせ裏でいろいろ言ってるよ

本記事のまとめ

韓国は一向に日韓関係改善に向かうことが出来ず焦りが出ているように思えます。

これまでの日韓関係を悪化させて問題に対して、日本は既に1965年に調印された日韓基本条約で解決済みとしているため、問題を蒸し返した韓国に対して解決策を要求しています。

自分たちで勝手に問題を蒸し返しておいて、その解決策を日本に要求したところで解決するどころか関係が悪化するのは当然のことです。

しかし、韓国は日本は加害者、韓国は被害者という部分に強くこだわっており、日本が宿題を出して私たちが宿題を解かなければならない現象になるのも当然のことなのではないでしょうか。

今後の日韓関係に注目です。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました