【日韓関係】徴用工問題から4年経つも未だ解決されず!解決のカギは日本の対応!?「勝手に資産を差し押さえておいて盗人猛々しい」

スポンサーリンク

YOUTUBEやっています。

作った記事を不定期で動画にして配信しています。
よろしければ、チャンネル登録してもらえるとありがたいです。

YOUTUBEチャンネルはこちらからどうぞ

よろしくお願いします。

デモ

いわゆる徴用工問題で日本企業に賠償命令が出されてから4年が経とうとしています。

日本政府は解決済みという立場を取っており、崩すことはありません。

これに対し韓国政府は日韓企業による基金の設立や代位弁済などを提案しているようですが、いずれも日本側に非があるということを認めるような提案しかしていません。

そのような提案しかできず「誠意ある呼応」を求められてもどうすることも出来ないのではないでしょうか。

韓国人強制労働被害者に賠償せよという判決が確定してから今月30日で満4年になるが、日本の加害企業(被告企業)は判決履行を拒否し続けている。

それと共に「当社としてはいわゆる『徴用工』(強制労役被害者)事案は1965年韓日請求権協定を土台に完全にそして最終的に結論が下され終了したと認識している」とし、日本政府の普段の論評と似た意見を付け加えた。

三菱重工業関係者は基金関連議論が「韓国国内の動きだと考える」とし「当社としては論評する立場ではない」と話した。

この関係者は謝罪意向に対しては「私たちは従来から韓日請求権協定で完全に最終的に解決されたという立場」とし謝罪を請求権協定とは別問題とは考えないという趣旨で付け加えた。

両社とも基金拠出と謝罪に対して否定的な態度を示しつつも、明確な答弁を避けたものと見られる。彼らは共通して日本政府との協力態勢を強調した。

日本製鉄の関係者は「(日本の)政府と協力しながら適切に対応したい」と述べ、三菱重工業の関係者は「(日本の)政府とも協力して本件訴訟に対応している状況」と付け加えた。

強制労働被害者賠償問題を解決するために努力する日本市民団体の活動家は、日本企業の曖昧な態度の背景として日本政府を挙げた。

矢野英樹日本製鉄元徴用工裁判を支援する会事務局次長は、日本企業の答弁に明確な拒否意思が含まれていないと解釈し、日本政府の対応がカギだと分析した。

彼は「ある意味で日本政府の顔色をうかがっているのであり、日本政府の態度が変われば、日本製鉄道(強制労役被害者問題に)対応すると思う」と観測した。

被告企業は日本政府が事実上反対しているため賠償を拒否しているが、もし日本政府の態度が変われば企業の対応も変わるという解釈であるわけだ。

高橋誠名古屋三菱造船女子勤労挺身隊訴訟を支援する会(以下訴訟支援会)の共同代表は三菱重工業の回答が「ナンセンス」(理屈に合わない)と評価した。

 

スポンサーリンク

見解・考察・関連ニュースなど

考える

徴用工問題で日本企業に対して賠償命令が出て4年になろうとしています。

ユン政権はこの問題を解決させなければ日韓関係改善は難しいということが分かっているのか、解決に向けて提案をしているようです。

韓国では日本と韓国の企業と韓国政府、日本政府も参加する基金の設立し、被害者とされる人たちに慰謝料を支給するという提案がされているとしています。

日本政府は1965年日韓請求権協定で完全かつ最終的に賠償と謝罪は済んでいるという立場を取っており、現在もその姿勢を崩していません。

また、賠償命令が出されている日本企業も同様の立場を取っているようです。

賠償命令が出されてしまった企業のうちの1社、日本製鉄は韓国メディアの原告に謝罪する考えはあるかという質問に対して日本政府と同じく1965年の日韓請求権協定により完全かつ最終的に決着しているという回答をしました。

もう1社の三菱重工業も同様に日韓請求権協定により完全かつ最終的に解決されたという立場を取っているとしました。

そして、2社とも基金への資金出資と謝罪に対して問われると否定的な反応をしており、明確な回答はしていないようです。

市民団体はこのような不明確な対応の背景に日本政府の存在があるとし、日本政府の対応が変われば各企業の対応も変わるのではないかという見方がされています。

韓国側や市民団体などは日本政府の対応が解決のカギと見て、「日本側の誠意ある呼応」を求めているようです。

しかし、日本政府は既に解決済みという立場を崩さず、賠償や謝罪を要求する韓国に応じる様子はありません。

そうなると、この問題が解決するということがなくなってしまうということになってしまいます。

韓国の反応

都市

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・尹錫悦の奴らが後ろからしっかり支えてくれるから、日本の戦犯企業は持ちこたえるのだろう

・国のあちこちが滅びつつある。日本にこだわる理由がすぐ明らかになるだろう

・1965年度韓日協定で解決したのに、どうしてしきりに韓国という国の補償を口にするんですか? 本当に不思議な国だね

・個人的問題は、大韓民国に請求すべきだ

・両国間で合意して賠償金まで受け取っておきながら、尹美香のような人間の顔色をうかがって合意を覆し、韓国式に判決して賠償しろと言うのに、日本が従うのか?

・韓日基本条項ですでに終わったことなのに、何をまた賠償するのか?働き口を増やすだけでも賠償なんだよ

・いつまで日本による植民地時代を持って食い下がるのか?

日本の反応

ゴリラ

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・さっさとGSOMIA破棄して差し押さえた資産を売却しろよ口だけバ韓国人

・賠償どころか謝罪もしないって、三菱重工業に対して言ってんのか?
勝手に資産を差し押さえておいて盗人猛々しいな

・韓国の国内法でいくら判決しようと日韓基本条約で解決済みなんで

・韓国が平気で国と国との約束を破った事に対して
今すぐにでも謝罪するべきだろ。

・真面目な話、
もう韓国側も日本側も当事者なんて居なくなったからな。
裁判しようって発想がもう頭おかしいよ。

・誰も証人おらんからなんとでも言えるみたいなアタオカ思想。慰安婦も本物はとっくに全員くたばってるんだろうな

・謝罪も賠償もしねえよ
日韓基本条約で韓国にくれてやった個人分の金はどこにやったんだ
まず話はそれからだ

本記事のまとめ

都市

既に解決済みの問題を勝手に蒸し返して、まるで重大な問題と言わんばかりにしてしまう韓国。
勝手に裁判を行い、勝手に日本企業の資産を差し押さえ、期限が迫っているなど勝手に焦りだしています。

韓国は政府の代位弁済は望ましくないとし、日韓企業による資金の拠出が望ましいとしました。
そして、併存的債務引き受けを行うことで原告に同意なく弁済することができるようになるとしました。

それでも、日本政府の謝罪は必須と言うのは変わらないようです。

いずれにしても、日本政府が現在の立場を一転させ、賠償と謝罪を行うということは考えられません。
解決済みの問題を蒸し返したのであれば、自分たちで解決させなければならないのではないでしょうか。

今後の展開に注目です。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました