【韓国】韓国経済がいよいよヤバイ!1年以内に金融危機!?「信用と言うものの大切さを理解してない国の末路」

スポンサーリンク

YOUTUBEやっています。

作った記事を不定期で動画にして配信しています。
よろしければ、チャンネル登録してもらえるとありがたいです。

YOUTUBEチャンネルはこちらからどうぞ

よろしくお願いします。

韓国国内外の金融機関の職員や専門家が1年以内の金融危機が来る可能性が高いとしているようです。

経済を支えていた輸出も鈍化しており、第4四半期には韓国経済は逆成長する恐れもあるとしています。

国内外の金融と経済の専門家の10名中6名が、1年以内に金融システムが危機に見舞われる可能性があると診断した。主なリスク要因として、高い家計債務のレベルとその返済の負担、企業の不良債権化リスクなどが挙げられた。

韓国銀行が27日に公開した「システム危機サーベイ」によると、国内外の金融機関の職員と著名な経済専門家72名に「金融システム危機を招くショックが近いうち(1年以内)に発生する可能性」を尋ねたところ、58.3%が「高い」(「非常に高い」12.5% + 「高い」45.8%)と答えた。このアンケートは11月2~9日に行われたもので、5月の同じ調査結果と比べると、近いうちの金融危機を予想した割合が26.9%から58.3%へと、わずか6ヶ月の間に31.4%ポイントも跳ね上がったのだ。「中期的(1~3年)に金融システムの安定性に影響を及ぼすほどのショックを受ける可能性が高い」(「非常に高い」5.6% + 「高い」34.7%)と答えた割合も、32.9%から40.3%へと高くなった。

逆に、金融システムの安定性に対する信頼は大幅に低下した。調査対象の36.1%だけが「韓国の金融システムの安定性に対する信頼度が高い」(「非常に高い」0% + 「高い」36.1%)と評価し、5月に調査した当時の値53.2%より17.1%ポイントも下がった。今後、金融の脆弱性が表面化する可能性が高い金融業界として貯蓄銀行、証券会社、キャピタル会社など、主に非銀行業界が挙げられた。

金融システム危機をもたらすリスク要因の1位には、「企業の資金調達環境の悪化による不良債権化リスクの増加」(27.8%)が挙げられ、2位に「家計の高い債務レベルと返済の負担の増加」(16.7%)を挙げた。 「金融機関の貸出の不良化と偶発債務(=現時点では債務ではないが、債務の保証や訴訟から生ずる賠償責任など、将来債務になる可能性がある債務のこと)の現実化」(13.9%)、国内の市場金利の急激な上昇」(12.5%)などが後に続いた。専門家らが挙げたリスク要因(1位から5位を回答)の頻度だけで言えば、「家計の高い債務レベルと返済の負担の増加」(69.4%)、「企業の資金調達環境の悪化による不良債権化リスクの増加」(62.5%)、「金融機関の融資の不良化と偶発債務の現実化」(48.6%)、「国内の市場金利の急激な上昇」(43.1%)、「不動産市場の低迷」(36.1%)の順だった。

各リスク要因を注意すべき期間で分けてほしいという要請に対し、「企業の資金調達の困難や金融機関の融資の不良債権化リスク」などは短期的なリスクに、「家計債務の問題と不動産市場の低迷の可能性」は中期的なリスクに分類した。

引用元

韓国、国内外の専門家の58%に「韓国に1年以内に経済危 機が来る可能性が高い」と予告され、しょんぼりする : かんにゅー -韓国の反応-

スポンサーリンク

見解・考察・関連ニュースなど

考える

輸出は2か月連続で減少、減少幅は2桁へ広がり輸入額は増加傾向が続いているとしています。

民間の消費まで委縮しており、韓国経済が逆成長する可能性も提起されているそうです。

韓国政府は「世界の景気鈍化と貨物連帯(=労働組合)のストライキなどが輸出減少の原因」と説明しました。

家計負債額も増え続けており、今年3月基準で1世帯当たりの平均負債が初めて9000万ウォン、約938万円を超えたとしました。
10年前までは5000万ウォン程度でしたが、10年で大きく増加してしまったようです。

不動産バブルの影響もあり、韓国国内の資産格差は大きく広がることになりました。

29歳以下の若年層の負債負担が急増しており、5014万ウォンで前年比41.2%も増加。
あらゆる手段で融資を集め、不動産投資をしたことが要因のようです。

しかし、今年3月基準での結果となっているので、現在の基準にするとさらに厳しい状況になっているものと思われます。

金利の上昇や不動産バブル崩壊による住宅価格の暴落、株価や仮想通貨の価格も大きく下落しており、借金してまで投資を行ってきた人たちの負債状況は目も当てられないのではないでしょうか。

韓国の反応

伸びをする猫

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・それでも政府は喜々としている
無知なので近いうちに第2の金融危機が来るだろう

・来年4月以降には企業各社がつぶれ、10月頃には国民は涙を流す

・IMFが来たら本当にジゴクになる
その前に奴を引き摺り下ろさなければならない

・大変な時期なので、銀行は返済期間を延長するべきだ
国内市場に背を向けて「つぶれろ」と言うのが銀行のするべきことか?

・いわゆる専門家たちという人たちは信じられない

・住宅担保のローンや固定金利のローンを出し、信用の低い人たちが高金利の借金をしないよう予防するべきです

・文在寅が作った不動産バブルがはじける確率は80%

日本の反応

ゴリラ

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・ショボいバブルだったね笑
先進国になる前に後退国か〜

・IMFって韓国にとっては救世主だったんじゃないの?
なのにまるで疫病神のようにいってる。

・韓国のこの現状はそれまでの積み重ねの結果でしかないのに、まるで今のユン政権だけに責任があるかの様に言っている時点で本末転倒でしょ
簡単に解決出来る方法なんて誰が大統領になったところで実行出来ない

・信用と言うものの大切さを理解してない国の末路

・IMF危機の時に全部日本のせいにして
国内の経済構造の改革も何もしなかったんだから
自業自得だろ

本記事のまとめ

群衆

韓国がIMFの管理に置かれてから今年で25年が経ちました。

当時はIMFや日本、米国などから総額550億ドルの緊急融資を受けなんとか持ち直すことが出来たとしています。

現在、韓国が置かれている状況はその当時よりさらに厳しいとも言われています。
当時、緊急支援策を打ち出した日本や米国も世界情勢や自国の経済状況を顧みると他国を支援する余裕などないのではないでしょうか。

日韓関係や米韓関係を見ても韓国に支援するような状況ではないのは明らかです。

今後の韓国経済はどうなってしまうのでしょうか。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 クラウドソーシング「ランサーズ」

タイトルとURLをコピーしました