【韓国】外貨準備高が米ドル換算で4か月ぶりに増加!「ドル以外が増えてどうする」

スポンサーリンク

YOUTUBEやっています。

作った記事を不定期で動画にして配信しています。
よろしければ、チャンネル登録してもらえるとありがたいです。

YOUTUBEチャンネルはこちらからどうぞ

よろしくお願いします。

韓国の外貨保有高が米ドル換算で20億ドル以上、増加したとしました。

大きく増加したわけではないので、為替レートの変動により増加した程度なのではないでしょうか。

20億ドル以上増加したとしても預金は16.1億ドル減少している状況です。

先月末基準で、韓国の外貨保有額が1ヵ月前より20億ドル以上増加したことが分かった。

5日、韓国銀行によると、11月末の外貨保有額は4,161億ドル(=約55兆7,574億円)で、前月末の4,140億1,000万ドルより20億9,000万ドル(=約2,800億l円)増えた。

韓国の外貨保有高は今年3月から4ヶ月連続で減少した。7月に反騰に成功したものの、8月から10月まで3ヶ月連続で大きく減った。

今回、3ヵ月ぶりに再び反騰したのだ。

韓国銀行は「外国為替保有額は一時的な減少要因である国民年金との外国為替スワップや金融機関にある外貨預金の減少にも関わらず、その他通貨で保有する外貨資産のドル換算額が増加したために増えた」と説明した。

先月のドル相場は、ドルインデックス基準で約3.5%低下した。これはアメリカの中央銀行である連準(Fed)が今月から基準金利の引き上げ速度を調節するのではという期待感が広がったためだった。

実際、主要通貨のアメリカドルに対する価値を見ると、ユーロは11月中に3.7%上昇、ポンドは3.0%、円は6.4%、豪ドルは4.4%上昇している。

先月の韓国の外貨保有額の内訳を見ると、有価証券が3,656億2,000万ドル(=約48兆9.930億円)で最も多い割合(87.9%)を占めた。前月より32.7%増加した。

預金が266億8,000万ドル(6.4%、約3兆5,751億円)でその後に続くが、ドル換算の恩恵を受けた有価証券とは異なり、外貨預金が減ったために前月比で-16.1%(=16億1,000万ドル。約2,157億円)減少した。

国際通貨基金(IMF)の特別引出権(SDR)は146億5,000万ドル(3.5%、約1兆9,631億円)で、前月末より3.4%増加した。

金は47億9,000万ドル(1.2%、約6,418億円)で、前月と変わらなかった。

韓国がIMF加入国として出した出資金のうち、取り戻すことができる金額であるIMFポジションは43億6,000万ドル(1.0%、約5,842億円)で、1ヵ月で1.0%小幅増加した。

韓国銀行によると、10月末基準の韓国の外貨保有額は世界9位であることが分かった。

1位が中国(3兆524億ドル)、2位が日本(1兆1,946億ドル)、3位がスイス(8,833億ドル)、4位がロシア(5,472億ドル)、5位が台湾(5,428億ドル)、6位がインド(5,340億ドル)、7位がサウジアラビア(4,631億ドル)、8位が香港(4,172億ドル)の順だった。

韓国は9位で4,140億ドルを持っている。その後の10位がブラジル(3,255億ドル)だ。

引用元

韓国の外貨保有額、日本の円高などのおかげでちょこっと増える : かんにゅー -韓国の反応-

スポンサーリンク

見解・考察・関連ニュースなど

考える

韓国の外貨準備高の大半が額面の数値と言われており、そのほとんどがあてにならないような債券だと言われています。

20.9億ドル増加したとしても、預金が16.1億ドル減少してしまっているのでほとんど変化していないということになります。

米ドルが増加したわけではなく、米ドル換算額が増えたとしているため為替レートの変動による増加ではないかと思われます。

ウォン米ドル相場も一時1ドル1300ウォンを割り1200ウォン台まで戻しました。
とはいえ、ドル高ウォン安の状態で輸出国の勧告がその優位性を生かせず貿易収支の赤字を拡大させ続けてしまっていることが懸念されています。

FRBのパウエル議長による利上げ速度調節、中国のゼロコロナ政策の緩和などがドル高を落ち着かせた要因になったのではないでしょうか。

これを受けKOSPI(韓国総合株価指数)は取引開始と同時に3カ月ぶりに2500台まで上昇しましたが、韓国の輸出減少と週末の米国の経済指標発表への警戒感から上昇幅は縮小しました。

個人投資家は「KOSPI脱出」が本格化している。11月だけで3兆8855億ウォンの株式を処分したようです。

時価総額上位の銘柄を中心に売られているようで、最も多く売られた銘柄はサムスン電子だったようです。

来年以降の不透明な景気の先行き、輸出額の2カ月連続で減少、GDPがマイナス成長する可能性も指摘されているといった懸念材料が多くあると証券市場が判断したようです。

韓国の反応

ラクダ

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・8か月連続で貿易赤字を記録しているのに、これはどういうことなのか?

・800億ドルを燃やして20億ドルを手に入れられるなんて本当に嬉しいです
まだ終わったわけでもないのに・・
だから金利をもっと早く上げようと言ってるんだよ

・客観的な景気指標がメチャクチャなのに、こんなの誰が信じるの?

日本の反応

ゴリラ

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・多少増えたところで焼け石に水だよね

・韓国 1年以内に52兆円の借金返済あるけど、ドル枯渇だから、無理っしょー
つまり、デフォルト破産国が確定の韓国。

・まぁ、韓国は日本を超えた先進国らしいですから、自力でどうにでもするでしょう

・ドル以外が増えてどないするねん

外貨準備高が全て使用できる現金ではない。韓国人にはこれが理解できていない。

本記事のまとめ

株価

ドル換算で外貨準備高がわずかに増加したところで、米ドルが増加したわけではないので依然として厳しい状況にあるのは変わりません。

外貨準備高4161億ドルは世界で9番目の規模だとしても台湾よりも少なく、米国国債保有残高も大きく減少してしまっています。

ウォンをドルに両替できない状態が、すぐそばまで来ており、韓国経済が破綻してしまうのもそう遠くはないのではないでしょうか。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました