【日韓関係】日本「協議する予定はない」韓国CPTPP加入の可能性を一蹴!韓国「日本が邪魔をしている」

スポンサーリンク

デモ

韓国がCPTPPの加入申請をしたとのことです。
恐らく中国が加入申請を行ったことを受けて焦りを感じて慌てて申請をしたという事なのでしょうか。

韓国は日本を敵性国家としており、日本もまた韓国の加入を支持することはないと思われます。

しかし、TPPの加入条件は厳しく韓国がクリアするのは難しいとしています。

「加入条件の充足は確実に判別必要」
加盟国11ヵ国すべてが賛成してこそ加盟
日本、水産物輸入禁止の解除を要求か

日本政府が韓国のCPTPP加入推進と関連し、「加入要件を満たすかどうか確実に判別する必要がある」と14日、明らかにした。 韓国がCPTPPに加盟するには、議長国、日本を含む11の加盟国すべてに賛成しなければならない。

日本政府スポークスマンの松野博一官房長官はこの日の記者会見で韓国のCPTPP加盟関連質問に「CPTPPは市場接近の面でも、電子商取引と知的財産権、政府調達、国有企業などの規則の面でも高い水準」と述べた。 続いて「新規加入を希望する国家がこうした高い水準を完全に満たすことができる準備ができたのかについて、まず確実に判別する必要がある」と述べた。

松野長官は「韓国と今まで協議したことがなく、また現時点で(協議する)予定もない」とし「韓国としては引き続き新規加入に関心を示す国の動向を注視しながら、戦略的観点と国民の理解にも基づいて対応していく考え」と付け加えた。

日本政府は先に9月、中国と台湾がそれぞれCPTPP参加意思を明らかにした時も「高い水準の基準を満たす用意があるかどうかをまずちゃんと調べてみる必要がある」と反応した。 ただ麻生太郎副首相らの参加申請に対しては「日本として歓迎すべきこと」と歓迎した。

金子健次郎農林水産相も14日、記者会見で韓国のCPTPP加入について「CPTPPの高い水準を完全に満たす準備ができているかどうかまず確実に判別する必要がある」と述べた。 CPTPPは食品輸入を不当に制限しないよう規定しており、日本は韓国に対して原発事故が発生した福島近隣の水産物輸入禁止を解除するよう要求する可能性が高い。

 クラウドソーシング「ランサーズ」

スポンサーリンク

見解・考察

考える

CPTPPの加入に必要なのは加盟国すべての賛成が必要となっているので、韓国の加入に反対の国が日本以外にもあるのではないでしょうか。

日本政府関係者は一部メディアに「韓国とは様々な懸案がある」と明らかにし、審査過程が順調ではないことを示唆しました。

すでに加盟手続きを踏んでいる英国は、日本の支持を意識したように、福島事故後に施行してきた日本産食品規制を緩和する方針です。

ただ、加入申請をした台湾も韓国のように福島産の輸入規制を維持しており、どう対応するかが注目されます。

昨今の日韓関係を考えると日本の賛同を得ることは難しいのではないでしょうか。
徴用工問題や慰安婦問題などありますが、一部ではこのような歴史問題と貿易は関係ないとした見方もあり、韓国の加入を防ぐのは難しいとする分析もあるようです。

これは歴史問題ではなく、韓国は国家間の合意や条約の違反を繰り返しているという事です。
自分達の都合で一方的に事実上破棄したり、国際条約違反状態を放置した状態で、TPPに加入してもTPPの規定を守れないだろうと思われても仕方がないことです。

日本が加入の邪魔をしている、日本が韓国の足を引っ張っているなど韓国メディアは報じているようですが、国際ルールをまともに守ることができない国は日本以外の国の賛同を得ることは出来ないでしょう。

いずれにしろ、韓国はTPPに加入することができればラッキーという考えなのは間違いなさそうです。

日本の水産物などの輸入規制解除を条件に加入したとしても、「そんな約束した覚えはない」、「約束はしたが守るとは言っていない」など約束を反故するのは目に見えています。

加入することができなかった場合は新たな反日活動のネタとなり、政治的な問題へと発展させる筋書きなのでしょう。

これは大統領選を見越した韓国の思惑がありそうです。

韓国の反応

キリン

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・政府レベルで反日不買運動をしておいて、日本に何の歓待を望むのか?恥知らずの民族

・国際法も無視する類似国家などと付き合ういかなる理由も価値もない

・日本は、韓国を怖がります。自分が王様になりたいのに、韓国が加入すると勝手にできず、事あるごとに対立するので

・こんな扱いを受けながら、何のために加入しようとしてるんだろう?

・日本の奴らが遊んでるね…

・日本はただの経済パートナーに過ぎない、経済に政治的理念に介入する日本も水準以下であり、このようなことに感情を浪費する必要なく客観的に判断すればそれでいい

・加入しないで

・ただ個別国にFTAで行こう、日本の関税開放は日本だけでいい

・日本を除いて10ヵ国が同意すれば日本が拒否する名分はない、戦略をよく立てて交渉することを…

・日本の何を信じて、これに加盟しようとするの?

・文在寅とは交渉しないのが正解だ。どうして信じられようか?

・まさかこれをすると福〇産の水産物を輸入するつもりではないだろう?

・最初に招待された時に行かなかったのに、今更なにをするんだ。情けない外交能力だ

・加入しないで、大韓民国といくつかの友邦が合体して作りましょう

・もうお願いだから何もしないで

・文政府は、これまでの日韓関係から見て、日本が歓迎しないことを予想していなかったのか?

・むやみに反日に反対するが、日本とFTAをすれば、韓国が損をする

・文在寅政権が繰り返し継承される限り、加入は不可だ

 

日本の反応

ハト

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・いやもう、「約束を守ってくれ」としか言いようがない。
どうやら韓国々民の方々は、日本との約束は守らなくていいのが当たり前と考えていて、政治家もそれに寄り添う外交が求められるらしいけれど。

・ビジネスは「信頼」で成り立っているので、信頼のない企業、国と付き合うことはできない。ルールを守れない国であれば尚更。結論は早々にでているのでは、と思います。

・国家間の協定を守れない国がCPTPPの決め事を順守できるとは思えません。
加入させれば大変な事態を引き起こすことが目に見えてるのに、どうして認める必要があるでしょうか。

・これは、遠回しに「日本は反対しますよ」と言っているようなモノなんだよ。
日本との政府間合意も条約も反故にした韓国に対し、親しみを感じる日本人なんて極少数なんだよ。

・まず国と国の条約を守る事から始めたらいかがでしょう。
政権が変わる度に約束を反故にする国は真面目に相手できないし

・国と国との約束を守らない国のTPP参加に絶対反対です。
韓国に対する懸念事項を列記してそれを守らない限り、TPPの参加はあり得ない旨通告すること。
この際、国際的な約束事は守ることの重要性を教え込むこと。
TPP関連国に韓国という国が国際的なプロトコルを守らない国かを再認識してもらこと。

本記事のまとめ

魚群

韓国がCPTPPに加入申請を出したとしても認められる可能性は限りなく低いです。
加入したとしても、自分たちの利益が少なければ既定の違反を繰り返すことが目に見えています。

日本政府は韓国の加入を認める必要はないということです。
正しい判断をすることを日本国民は望んでいます。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました