【韓国】文大統領「飛躍的成長を遂げた」最後の新年の挨拶で自画自賛してしまう!

スポンサーリンク

ディベート

ムン・ジェイン大統領が新年の挨拶を行いました。
その内容は過去を振り返り、反省するような内容になると思われていました。

このような状況でも自画自賛するような挨拶をしてしまい、非難が殺到しているようです。

韓国の最大野党“国民の力”はきょう(3日)、ムン・ジェイン(文在寅)大統領の任期最後の新年のあいさつについて「国民たちは猛烈な反省文を書くべきだと思っていたが、結局最後まで文大統領は全くデタラメな小説で国民の期待に背いた」と強く批判した。

“国民の力”中央選挙対策委員会の広報担当は、この日の論評で「5年間耳にタコができるほど聞いてきた自画自賛・全く別の世界の認識が、最後の新年のあいさつでも繰り返された」と語った。

この広報担当は「議会暴挙と法治破壊で三権分立を害しては『民主主義の進展だ』と語り、野党議員と言論人・民間人に対して数多くの査察を行なう “怪物 高位公職者犯罪捜査処”を誕生させては『権力機関の改革だ』とほめたたえた」とし「年初めから軍の警戒失敗が明らかとなったが、大統領は叱咤どころか『これまでの政府の中で、最も国防が強固であった』という虚言で国民を欺いた」と批判した。

つづけて「自営業者たちは明日にでも集団休業するかどうかを決定するような状況の中、またとどまることを知らない物価上昇に庶民たちは苦しんでいるのに、大統領は実感のない国民所得4万ドル(約461万円)について語るなど、自画自賛に余念がなかった」と指摘した。

また「残り4か月の抱負も、現実感覚のない “期待ゼロ”の話だけだった」とし「脱原発政策により原発技術が追い付かれているのに『先導国家』などと語り、先進国たちが原子力をエコエネルギーと認めている中、一人で『脱原発』を叫ぶこの政権にとって『カーボンニュートラル先導国』は夢にも考えられないことだ」と語った。

さらに「規制一辺倒のあまたの政策を26回も実施してきたにもかかわらず、残り4か月になって『住宅供給にスピード感をもって取り組む』と言っているが、『それでは、今までいったい何をやってきたのか』という言葉が自然と出てくる」とし「任期の間、対立を煽ってきた大統領に、選挙がどうのこうのという資格はない」と訴えた。

 

スポンサーリンク

見解・考察

考える

「危機と激変の中で一段と強い経済に生まれ変わり、量・質ともに飛躍的な成長を遂げた」と新年の挨拶でこう述べました。

任期が残りわずかになり最後の新年の挨拶となったようですが、取り立てて大きな功績を残すことが出来なかったムン・ジェイン大統領はもはや自画自賛するしかなかったのでしょう。

ムン・ジェイン大統領が就任後、日韓関係は悪化の一途を辿っています。
慰安婦合意破棄や徴用工問題での日本企業の資産差押、売却命令、東京オリンピックなどによる国際社会の場での露骨な反日活動といった行為を繰り返しました。

現在の日韓関係は過去最悪とも言われており、関係の修復を行うには韓国側が日本に対して納得が出来るような提案がない限り難しいと見られています。

アメリカも駐韓アメリカ大使を離任後11か月経過しても新たに指名されず、空席のままとなっています。
そして、スワップ協定の終了と日本だけではなく、アメリカとの関係も悪くなりつつあるようです。

大きな波紋を呼ぶこととなったのは、2016年に弾劾された初の大統領となったパク・クネ前大統領の恩赦ではないでしょうか。
これはムン・ジェイン大統領の思惑が見え隠れするような決定であるように見えます。

韓国の歴代大統領は退任後、就任中の罪が暴かれるなどといったことで有罪判決、収監されることとなっています。
おそらくこれはムン・ジェイン大統領も例外ではないでしょう。

次期大統領候補のユン・ソクヨル、イ・ジェミョンのどちらが大統領に就任したとしても、ムン・ジェイン大統領は1年以内に収監されるだろうと言われています。

つまり、この恩赦の決定は自身が収監された際に恩赦してもらうための前例づくりなのではないかとの見方が強くなっており、この自画自賛な新年の挨拶も恩赦のためということになるのでしょうか。

韓国の反応

ねずみ

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・国内では地域感情で政治、海外でも感情で政治。
扇動政治ばかり、反日感情を政治利用しないでください。

・反日政権の反日政策に惑わされてはいけない。
隣国日本とは親しい関係を築かなければならない。

・国内では高宗より無能で国をめちゃくちゃにして、海外では金正恩のスポークスマンの役割を果たしていじめられている。
コロナ防疫詐欺をやっておいて、ワクチンの導入にも手間取る後進国となった。

・社交辞令さえまともにこなすことができない後進国になってしまった残念ですね。
早急に政権交代し、大韓民国が品格を取り戻すことを心から願っています。


日本のことは嫌いだけど、それでも大韓民国の近代化や産業化に影響を与えたことは認めるべきだと思う。
しかし、中国は何度も侵略を繰り返し、朝鮮戦争では北朝鮮を支援して韓国の土地を奪っていった。
私たちの本当の敵は誰なのか?
それは中国とムン・ジェイン率いる共産党だ。

・韓国からひたすら文化と歴史を奪っていく中国に挨拶する必要があるのか?

・韓国は世界で唯一休戦中の国だ。
米国と日本は国益のために最も重要な同盟国であり、北朝鮮は現実的に主敵だ。
ムン・ジェインはいったいどの国の大統領なのだろう?

・日本がいくら嫌いだとしても、地理的に最も近く、世界第三位の経済大国だ。
感情的に外交をするのもいい加減にしよう。

クラウドソーシング「ランサーズ」  

日本の反応

ゴリラ

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・与党の大統領候補にまで批判されて、自分で褒めなきゃ誰も褒めてくれないなんて哀れだね。
もっともあんな大統領候補なら、褒められたって大して嬉しくもないから、一体どんな奴が大統領になっているのか自ずとしれる。

・流石!
残り4ヶ月頑張って下さい、
又、次期大統領様にも、反日を継続して頂ける様
応援しております

・文大統領・・・自画自賛と言うけど、自分が褒めなきゃ誰が褒めてくれる?まして、任期が終わったら塀の中へ・・・と言うのを、何としても回避したい訳で、なんとか自画自賛してでも人気を上げなければ・・・と思っているんです。宅地・物件などの疑惑は有るけど、そこまで深刻ではないんでしょうか?

・この大統領を選んだのは韓国国民。「素晴らしい人を選んだ」と韓国国民は自画自賛すべき所じゃないの。

・違った意味でレガシーだね。日本人にしっかりと韓国という国を教えてくれた人だから。任期が残り僅かだね。しっかりと見届けますよ。

・日本の中学の生徒会のほうがきちんとやってるんじゃないかしら。

・5月の退任の挨拶も自画自賛でしめるだろうな。終わってみれば南北統一以外の政策は無かったから金正恩に嫌われた段階でこの人の仕事は終わっていたのだ。時間を無駄にしたな。

・多分、正月だからかくし芸大会で使う一発ネタの台本と間違えてしまったんだと思うよきっと。

本記事のまとめ

崖

任期が残りわずかとなったムン・ジェイン大統領ですが、新年の辞では量・質ともに飛躍的な成長を遂げたと述べました。

韓国の歴代大統領は悲惨な結末となっているので、ムン・ジェイン大統領もその後に続いてしまうのでしょうか。

期韓国の次期大統領に注目です。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました