【韓国】日本の代わりに韓国がG7に加盟!?野口教授「韓国はすでに日本を追い越している」

スポンサーリンク

トルコ

韓国が日本の1人当たりのGDPを追い抜いたというニュースが話題になりました。

日本は平成以降、経済成長が止まっていると言われていますが、このまま日韓の立場は逆転してしまうのでしょうか。

「日本は20年後に経済規模で韓国に追い抜かれる」。「給料上がらない日本と上がった韓国は何が違うか」。
昨年12月12日に日本の「現代ビジネス」と「東洋経済」に掲載されたコラムのタイトルだ。コラムを書いたのは経済学者の野口悠紀雄一橋大学名誉教授。大蔵省(現財務省)官僚だった野口教授は日本経済・金融理論分野の碩学と呼ばれる。野口教授はなぜ連日、韓国を比較対象にした内容で日本人の心を刺激しているのだろうか。昨年12月29日、野口教授にズーム(ZOOM)でインタビューした。
--日本経済の危機を説明するうえで韓国のデータを積極的に引用している。
「理由がある。その間、日本人は韓国を経済的に日本より遅れている国と考えてきた。しかし韓国は1人あたりのGDPや賃金水準などで日本をすでに超えたり超えようとしている。多くの日本人が『韓国に追い抜かれる』ということを気にしている」
--実際、韓日経済の逆転は現実になるのだろうか。
「多くの指標で韓国はすでに日本を追い越している。実質賃金は数年前に上回り、国家競争力の順位も日本より上だ。デジタル化は言うまでもない。もちろん先進国の基準となる1人あたりGDPは日本が現在4万ドル、韓国が3万1000ドル水準で、日本が高い。しかし日本が2000年から20年間に1.02倍成長したのに対し、韓国は2.56倍成長した。このままいけば数年後には確実に韓国が日本を追い抜く」
--韓国が日本の代わりに主要7カ国(G7)に入るかもしれないというが。
「可能性がある話だ。G7は先進国グループだ。こういう話をすれば日本人は嫌うが、この傾向なら20年後には日本は明らかに先進国とは言えない国になるだろう」
日本の経済的地位が墜落するという予想は野口教授だけの主張でない。日本経済新聞系列の研究機関、日本経済研究センターは先月発表した「アジア経済中期予測報告書」で、日本の1人あたりGDPが2027年には韓国に、2028年には台湾に追い抜かれると予想した。こうした「逆転」が起こる理由は、日本の低い労働生産性のためであり、その根本には「遅れをとったデジタル改革」があると、同センターは分析した。
--日本経済がこのようになった決定的な理由は何か。
「沈滞は1990年代半ばから続いていたが、加速させたのは『アベノミクス』だ。安倍晋三元首相は金融緩和で意図的な円安政策をとった。円安になれば輸出が多い企業の利益は増える。ところが、こうした利益は労働者の賃金向上にはつながらなかった。ドルに換算されるGDPは当然低く表れる」
--アベノミクスは失敗したということか。
「方向を完全に誤った。経済が沈滞から脱する道は、企業が絶えず技術革新をして生産性を高めることしかない。しかし円安で容易に利益を得た企業はそれをしなかった。韓国の場合、輸出依存国にもかかわらず、ウォン安を誘導する金融政策をとらず、生産性を高めるための努力をした。1990年代末のアジア通貨危機の衝撃が影響を及ぼしたとみる」
--日本の遅れたデジタル化も主な理由に挙げられる。
「1970年代まで日本は銀行の自動預け払い機(ATM)を開発するなど先端技術を保有していた。ところがその後、インターネット時代の変化に適応できなかった。問題は組織間で意思疎通がふさがった縦割り行政文化だ。インターネットは情報の共有が核心だが、それができなかった。昨年、新型コロナで政府機関がテレビ会議をしようとしたが、各部署が独自の通信システムを使用するためできなかったという冗談のような話がある」
東京大応用物理学科を卒業して米エール大で経済学博士学位を取得した野口教授は、経済だけでなく幅広い分野で100冊ほどの著書を出している。時間管理や学習の方法を扱った「超整理法・勉強法」シリーズは1990年代に韓国でもベストセラーになった。特に英語教育の重要性を強調する本も出している。
--日本人の英語の実力低下をよく指摘している。
「重要だからだ。TOFEL iBTのスコアで見ると、韓国は英語を公用語として使用する香港と似た水準だ。これも通貨危機以降に世界に出なければ生き残れないという切迫感が社会全般で共有された結果だと考える。日本はアジア29カ国のうち27位だ。こうした実力では世界の舞台でできることはない」
--韓国の経済はこのままで問題はないのか。
「製造業の比率が30%以上と高く、外需依存型経済という点は危うさがある。米中競争と新興国の追い上げもある。製造業の比率が10%程度と低く情報技術を基盤にした産業構造に転換した米国をモデルにすべきだ。また、サムスン以外にも世界的に認められる企業がもっと出てこなければいけない」
--人口問題も深刻だが。
「韓国の少子高齢化問題は長期的に成長を妨げる大きな障害になる可能性がある」
--日本の若者の中には「韓国のような競争社会は嫌だ」「このままがよい」という人も多い。
「このままでよいはずがない。このままだと日本の国力はますます低下し、個人の生活も厳しくなるのは明らかだ。いま日本の福祉・介護分野には外国人の人手が欠かせないが、賃金水準がさらに低下すれば外国人労働者は日本ではなく韓国や中国に行こうとするだろう。日本人に『危機意識を持て』『目を覚ませ』と話すこと、これが私に与えられた任務だと考える」

 

スポンサーリンク

見解・考察

考える

G7は経済規模で決まっているわけではなく総合的な国力で決まります。
1人当たりのGDPではなく全体のGDPが重要であり、日本のGDPは世界3位です。

G7から日本が排除されることはありえません。
しかし、指摘されているデジタル化や生産性の遅れは日本にとって重要な課題とも言え、努力する必要があります。

日本よりGDPが高くなったとしても、韓国では日本以上に少子高齢化が深刻になっています。
それに対応することが出来なければ韓国も日本同様に成長が鈍化するという見方もあるようです。
これはIMFの成長予測でも出ており、韓国の2030年以降の成長予測はOECD(経済協力開発機構)の加盟国の中でも最低になると予測が出ています。

韓国の平均給与が上がったのはムン・ジェイン大統領の政策により最低賃金を強引に引き上げたからによるものです。

その反動として大幅に失業者が増えてしまい、大卒の就職率は61.6%しかなく、20代の失業率は20%近くもあるようです。

家計負債額は世界一とも言われており、借金をしてまで投資をする人が増えているとしています。

そして、不動産バブルとなっていますがそのバブルがはじけるのも時間の問題となっており、韓国では日本以上に大きな問題をたくさん抱えています。

そもそも、G7は経済ではなく、多元主義と代議制政府という共通の価値観に基づいて公式に組織されています。
貿易や安全保障、気候変動などグローバルな問題を議論しており、その解決策を調整もしています。

国家間の約束や条約、協定を守ることが出来ない、共通の価値観など皆無に等しい韓国が加盟するというのはあり得ないことです。

しかし、日本は現在のままでは韓国だけでなく諸国から追い抜かれてしまう日が来るかもしれません。

韓国の反応

インコ

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・基軸通貨国だからとお金をむやみに発行して流通させた安倍のアベノミクスが日本を駄目にしたのだ。

・すでに日本の経済動力は喪失…
しかし我々が生産するサムスン携帯に入る原材料のほとんどが日本製品であることを認知し、現実を冷静に見てもっと格差を広げ、過去に安住するより未来に進んでこそだ。

・日本の高齢者は当時、日本が米国と世界1位をめぐって競争していた時代に生きていたので、今でも日本が世界一だと思っている。アメリカに挑んで墜落したことに気付かず郷愁に耽っている。

・心配しないでください。
大韓民国も20年後には生産人口もいません。

・日本は年老いた政治家たちを葬らなければ、必ず滅びるだろう。

・日本は古いノスタルジアにばかり浸っている。
まだはんこを使う国なら、それが全て物語ってるんじゃない?
文書も電子文書ではなくFAXで送り、ハンコを押して原本を郵便で送る。
未開な国だ。

・指導者をしっかり選ばなければならない。
我々も李明博、朴槿恵の時、足踏み状態だった。
失われた10年だった。

・まだ大多数の島国人たちは韓国をずっと下に見ている
井戸の中の蛙..

・どうせ搾取で起こした日本ヤマト国だよ。
搾取できないから自滅するだけ…
とても自然なことだ…

・すでに滅びた国。

・もう日本を追い越してるだろ。

 

 

日本の反応

ゴリラ

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・ここで述べられているのは一側面であって日本経済全てを説明するものでも、韓国経済の全てを声明するものでもない。最後の方にあるように日本人に危機感を持たせるための主張だろう。日本がG7から脱落するようなことがあっても、韓国の民度ではG7に加われるわけがない。

・G7はハードカレンシー国の集まりです。通貨スワップ乞食には永遠に無理です。

・いつもの韓国人のコンプレックスの裏返し記事なんでしょ?自他ともに認める先進国なら、自分からそんなこと言い出さないものだよ。まぁ韓国がこの先、精神的に一皮剥けた大人の国になることはないから最初に経済的になんて前振りしたんでしょ?ただ経済的に豊かな国が先進国ではないということだけ申しておきます。

・期待と願望による希望的観測ですか?
韓国のデータを失敗例として引用しているのでしょうね。
データベースとするには初歩的な設定の誤りで、国民性の違いは、どうしようもないくらい乖離しているから同一ベースの比較対象にはなりえないのです。
日本の国力が衰退すると言われて50年。 衰退したのは韓国だった。

・GDPが、インドネシアに追いつかれそうな韓国が、
日本を追い越すのと、韓国に変わってG20にインドネシアが入るのはどちらが先でしょう

・日本の地位が安泰でないのは事実だろうが、韓国の未来はもっと不安定で不確実だよ。

・このペースだと、100年後には韓国が世界最大の経済大国だな。

・初夢はそろそろ、やめとけ。

本記事のまとめ

デモ

現状、日本の地位が安泰ではないのは事実とも言えますが、それ以上に韓国の未来は不安定であり、先が見えていないのではないでしょうか。

そして、国際的に信用の無い韓国がG7に加盟することはあり得ないということです。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました