【韓国】ウォンをIMFの基軸通貨に!?韓国「資格は十分」日本人「絵に描いた餅」

スポンサーリンク

お金

韓国がIMFの基軸通貨にウォンを編入する資格を備えたとしました。

しかし、現在の韓国の状況は非常に良くないということもあり、ただの願望やフェイクニュースに過ぎません。

大統領選を前に前政権の政策を正当化させるためのフェイクニュースとの見方もあるようです。

ウォンが国際通貨基金(IMF)の基軸通貨に編入できる資格を備えたとの主張が出された。ウォンが基軸通貨になれば長・短期的経済効果は112兆8000億ウォン(約10兆8528億円)に達し、89万2000人の雇用を創出できると予想した。

全国経済人連合会は13日、IMF執行理事会が今年検討する特別引き出し権(SDR)通貨バスケットにウォンが編入される可能性に対する報告書を出した。SDR通貨バスケットに編入されれば国同士の貿易や資本取引で一般的に通用する通貨である基軸通貨と認められる。現在基軸通貨にはドル、ユーロ、円、ポンド、人民元の5つがある。

IMF執行理事会は約5年ごとにSDRバスケットを検討する。2015年11月に人民元の編入を決定してから昨年会議を開催しなければならなかったが、新型コロナウイルスの感染拡大で今年半ばに延期された状態だ。新しいバスケット構成は8月1日に発効される予定だ。

◇既存国除けば輸出額世界1位

全経連はウォンが基軸通貨になれるという根拠に、▽韓国の経済的地位▽IMF設立目的と合致▽世界5大輸出大国▽ウォンの国際取引の割合上昇▽韓国政府のウォン国際化に向けた努力――などを挙げた。

まず2020年基準で韓国の国内総生産(GDP)は世界10位、貿易額は世界9位だ。1月基準で国際格付け(S&P)もAAで、既存のSDR通貨バスケット編入国の日本と中国のA+より高い。株式市場の時価総額は世界9位水準だ。

こうした韓国の経済発展はIMFが追求する国際通貨協力と為替相場安定、経済成長という指向とも合致する。韓国は世界で初めて被援助国から供与国へ跳躍した。韓国の輸出額はIMFが提示したSDR編入要件のうち輸出条件に当たる輸出規模世界5位圏もクリアした。2016~2020年の5年間に通貨発行主体別基準で世界5位だ。既存のSDR編入国を除けば世界1位だ。

外国為替市場でのウォン取引の割合も2%で2015年に人民元がSDRに編入された当時の人民元水準である2.2%に近接した。韓国政府は通貨スワップ拡大、域外外国為替市場なども検討してきた。

◇シニョリッジ効果だけで71万人の雇用創出

全経連はウォンがSDR通貨バスケットに編入されれば2021年の実質GDPの5.3%に当たる112兆8000億ウォンの経済的効果が得られるとみた。まずシニョリッジ効果(国が貨幣発行で得られる利益)が87兆8000億ウォンに達すると予想された。全経連によるとこれをすべて国内固定資本形成に向けて投資すれば71万3000人の雇用を創出できる。

為替相場が安定すれば輸出は15兆6000億ウォン増えると予想された。これは雇用を10万3000人増やせる金額だ。また、国債金利下落にともなう利子負担軽減額は9兆4000億ウォンを期待できる。これを固定資本形成に投資すれば7万7000人の雇用が創出できる。

全経連はこの日、ブルームバーグが2015年11月に人民元がSDR通貨バスケットに編入された当時のIMFのバスケット編入要件に基づいて次期編入通貨予想1位にウォンを挙げた点も指摘した。

全経連のチュ・グァンホ経済本部長は「IMFが提示したSDR通貨バスケット編入条件を考慮するとウォンの資格は十分だ。今年半ばに行われるIMF執行委員会の編入審査に先立ち韓国政府がウォンのSDR入りに向けた方策を検討する必要がある」と話した。

 

スポンサーリンク

見解・考察

考える

ウォンを「基軸通貨」にしたいという願望があるようですが、基軸通貨の定義に当てはまるのは現在、アメリカのドルだけのようです。
それ以外の外国為替市場で多く取引されている通貨の事を「主要通貨」としています。

主要通貨として機能を果たすには厳しい条件が必要とされています。
通貨価値の安定性や貿易・資本の取引に広く使用される決済通貨であるなど歴史的にはイギリスのポンドやアメリカのドルが基軸通貨と呼ばれてきたとしています。

アジアでは中国の人民元、日本の円が主要通貨となっており、現時点で信用が全くなく、これからも信用されることがないであろう韓国のウォンをあえて入れる必要性ないということは誰が見ても分かることだと思います。

通貨価値の安定が求められていることもあり、双子の赤字を抱えており、経済崩壊が目前に迫っているとしている韓国のウォンに通貨価値はないということに自分たちは気が付いていないようです。

全国経済人連合会のチュ・グァンホ経済本部長は「IMFが提示したSDR通貨バスケット編入条件を考慮するとウォンの資格は十分だ。」と話しているようですが、資格の有無については韓国自身が自己採点で決めるわけではなく、ただの願望に過ぎません。

主要通貨になることが出来たら信用が上がり、スワップ協定を結ぶことが出来るようになるかもしれないと思惑があるのでしょうか。
しかし、主要通貨として取り引きされるようになるには経済を健全にしなければなりません。

IMFの分担金がブラジルやロシアより多いとされていますが、多かったとしても先進国でトップクラスの家計債務や高い国債金利やデフォルト歴を見れば、どこにも主要通貨の要素がありません。

いずれにしても、経済危機によるデフォルトがまず来てしまうのは間違いないと思われます。

韓国の反応

ソーシャル

このニュースを見た韓国の反応を紹介します。

・可能性が全くない内容で…
記者たちはこんな風にもして選挙に介入をするんだな。

・誰がウォンを信頼するのかwww
力もなく日本、中国、北朝鮮に振り回される国が。

・現政権では駄目だ。
米国が大使も送らない。

・アメリカはスワップも断ったのに、話にもならない記事が出るね;;

・最後の花火ショーか?
終戦宣言は失敗?

・韓米通貨スワップは昨年末で終了した。
反日政府だから日本も助けてくれない。
ここでさらに無駄口を叩いたら奈落の底に落とされる。
特に、これからベビーブーム世代が引退すれば、経済ショックが起きるだろう。

・ウォンが基軸通貨可能だって?
正気じゃないね。


全経連は文在寅政権の間、国が滅びていくと叫んでいたのに、結局現実を認めたのか。

・国荷物党が政権を取れば、段々と国を滅ぼし
民主党が政権を取れば、経済も国防も外交も成功的だった。
国荷物党IMFから民主党の基軸通貨国まで、本当に信じられない奇跡を作っています。

・そうだね。
これは本当にやってみる価値がありそうだ。
大韓民国の地位を一層高められることである。

 

日本の反応

ネット

このニュースを見た日本の反応を紹介します。

・狸の皮算用。

・半島ゴミ屑ウォンが基軸通貨ってw
相変わらず朝鮮人って、経済界まで自国の国力の低さを理解してないねw
他国が聞いたら大爆笑だよ。

・まず最初に、半島は日本の信用状無しで国際取引き出来るようになってから、こういう馬鹿馬鹿しい妄想はしてもらいたいよねw

・絵に描いた餅

・世界中のどの国がこんな朝鮮妄想を真面目に受け取るんだよww

・ようするに、それだけ日米含めた先進国から仲間外れにされて現金枯渇してるってことだよね。
外貨準備高の中身は使えない債権だけ。

・3月であぼーんだよ
おめでとう、もうIMFも匙投げてるし
日本もアメリカも韓国は見捨てました
さようならニダ

・経済界の中枢にいる人達が出した見解?
信じられない

・笑えるわ。
そしていつもの通りもう基軸通貨になった気分を味わえているね。

・その資格の有無を決めるのはお前らじゃないから

・G7には入れれば、ウォンを基軸通貨にできるとか勘違いしているみたい

・「やってみる価値がある」って何を?
何かやったから基軸通貨になれるというものでもないんだけど
基軸通貨の意味を知らないのでは?

本記事のまとめ

お金

本格的に経済危機となっている韓国はいよいよ現実逃避の願望を主張し始めました。
ウォンの資格は十分だったとしても、デフォルトが先に来てしまうのは避けられないのではないでしょうか。

韓国経済はどうなってしまうのか、今後の続報に注目です。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました