【ソイクル】大豆ミートとは?話題沸騰中の地球環境に配慮した食材を解説!

スポンサーリンク

畑

大豆ミートという言葉を聞いたことがありませんか?
今話題の地球環境に配慮した食材です。

この記事では大豆ミートには何か?
どうして地球環境に配慮した食材なのか、どうしてここまで注目されているのかを解説しています。

大豆ミートについて知りたい方は必見です。

この記事を読んで分かることとは?

  • 大豆ミートとは?
  • 大豆ミートが注目されている理由とは?
  • 大豆ミートのメリット
  • 大豆ミートのデメリット
  • 大豆ミートを利用したソイクルとは?

 

ソイクル

クリックするとサイトを移動します



スポンサーリンク

大豆ミートとは?

ヘルシーフード

  • 牛、豚、鶏などの肉を一切使用していない
  • 高たんぱくでありながら低カロリーと栄養価が高い
  • 女性やダイエット中の人に人気

大豆ミートとは牛、豚、鶏などの肉を一切使わずに肉のような味や食感を楽しむことができるように開発された植物性の食材です。

いわゆる、ベジタリアンやヴィーガンといった肉類を食べることができない人、菜食主義者の人たち向けの肉になります。

大豆ミートは大豆が主原料になっていますので、たんぱく質が豊富に含まれて居るにも関わらず、低カロリーとなっています。

ヘルシー志向が進む昨今では女性やダイエット中の人たちに人気があります。
大豆の成分を利用して作られているため、似た目は肉と変わりませんが、実際の肉は一切使用していないのが最大の特徴となります。

  • 代替肉やフェイクミートとも呼ばれることがあります。
  • 大豆以外にもそら豆やジャガイモを利用したフェイクミートもあります

大豆ミートが注目されている理由とは?

地球

  • 温室効果ガスの削減
  • 環境資源
  • たんぱく質危機に備える

畜産業により多くの温室効果ガスが排出されています。
例えばメタンガスは二酸化炭素の25倍もの温室効果があるとされており、牛のゲップなどにより発生するものです。

世界の温室効果ガスの総排出量のうち畜産業だけで14%に上ると言われており、その大半は牛によるものと言われています。
この14%という数字は世界全ての車や飛行機、列車などによる交通手段から排出される量と同等の数値とされています。

  • 牛のゲップ = 交通機関の排気ガス

食料の生産には多くの資源が必要となります。
現在世界の人口は増え続けています。人口が増えるとそれに伴い食料の需要も増加し、必然的に肉の需要も増えます。
そのために畜産業を行う必要があります。

こういった連鎖により地球環境がより悪化することになります。
大豆ミートには肉を使用していないので、環境にやさしいと言えます。

今までは美味しいから肉を食べる、たんぱく質という事が多くあったと思いますが、2050年にはそれが難しくなるとされています。

増え続ける人口に肉を生産する資源が追い付かなくなると言われ、肉の供給が難しくなるとしています。

  • 2050年には地球の人口は約100億人になると言われています。

こういった問題をたんぱく質危機やたんぱくクライシスと呼ばれており、そのたんぱく質危機を回避するために大豆ミートなどの代替肉が注目されています。

大豆ミートのメリット

good

  • ダイエットにおすすめ
  • 健康維持におすすめ
  • 栄養価が高い
  • グルテンフリー
  • 長期保存が可能

大豆ミートは高たんぱくで低カロリーなので、ダイエットをしている人におすすめです。

コレステロールの含有が0なので生活習慣病の予防におすすめです。
最近の研究では大豆に含まれる大豆たんぱく質は血中のコレステロール値を下げる効果が期待できるとしています。

大豆ミートは低カロリーで高たんぱく、低脂質の他、食物繊維も豊富に含まれています。
便通の改善も期待することができるとしています。

  • 日本人は食物繊維が不足しがちと言われています。

大豆イソフラボンも多く含まれており、大豆イソフラボンには女性に効果があるとされています。
大豆ミートには多くの栄養があり、とても栄養価が高いことが分かります。

  • 継続することが大切です。
  • 過剰摂取をしても意味がありません。

グルテンフリーの製品が多くあるので、小麦アレルギーの人でも選択肢が多くあります。

  • 全ての大豆ミートがグルテンフリーではありません。

大豆ミートのデメリット

bad

  • 添加物が多い
  • 値段が高い
  • 調理に手間が必要

全ての大豆ミートが対象ではありませんが、商品によっては添加物が多く使用されている場合があります。
気になるときは成分表を見るようにしましょう。

大豆ミートは通常の牛肉や豚肉、鶏肉などと比べると割高な傾向があります。
これは日本での大豆ミートなどによる代替肉が浸透していないことが挙げられます。

調理する際に手間が掛かることが多くあり、一度水に浸すなど手間が掛かります。

大豆ミートを利用したソイクルとは?

ソイクル

クリックするとサイトを移動します


ソイクルと呼ばれる商品は旨味を最大限に引き出した発芽大豆を使ったフレークタイプの大豆ミートです。

常温保存をすることができ、大豆ミートの特徴でもある高タンパクで低脂質はそのままで臭みをなくしました。

大豆ミートのデメリットでもある水戻しが不要で、バリエーション豊かな料理を楽しむことができます。

初めて大豆ミートを試してみたい方におすすめの商品と言えます。

大豆ミートまとめ

大豆

  • 大豆ミートとは環境に配慮した新しい食材
  • 肉は一切使用していない
  • 栄養価が高く、健康維持に最適
  • 添加物が多かったり、価格が高いことがある
  • 初めて大豆ミートを試すならソイクルがおすすめ

大豆は畑の肉の如しと言われることがあるように、大豆を肉の代わりにすることでたんぱく質の確保をすることができます。

近い将来、肉の供給が追い付かなくなるとされ、その代わりになるのがこの大豆ミートという事になります。
それだけではなく、高い栄養価を含み、健康維持に最適としています。

反対に添加物が多く含まれる商品があったり、調理に手間が掛かる、まだ流通が少ないことから価格が高いことがあります。

まだ、大豆ミートを試したことがなく、試してみたいと思うのであればソイクルを利用するのがおすすめです。

調理をする際、水戻しなどの手間がなく、簡単に利用することができ、様々な料理に使うことができるのが特徴です。

身体に地球に良い循環を。大豆ミート「ソイクル」はこちらから購入することができます。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました