Amazonで商品を間違えた場合の対処法!返品手順や条件を解説!

スポンサーリンク

Amazon

  • Amazonで買った物が届いたけど、思ってたのと違うから返品したいなぁ
  • Amazonで買った物が1週間もしないうちに壊れた
  • Amazonで間違えて購入してしまった

よくある話ですが、実際になると困りますよね。
そんな悩みを解決したいと思います。

実際に手に取っているわけではないので「イメージと違う」「配送中に破損」といった不具合が発生する可能性はあります。

しかし、「仕方ない」や「我慢して使おう」ということは不要です。

Amazonではちゃんと返品、返金による対応をしていますので、商品を間違えた場合の対処方法を解説します。

注意点として、無条件で返品、返金を受け付けるわけではなく条件があります。
しっかり確認しましょう。

この記事を読んだらわかることとは?

✓Amazonの返品条件
✓Amazonの返品可能な物、不可能な物
✓Amazonの返品、交換の手順
スポンサーリンク

返品・交換の条件

✓出品者が返品・交換を受け付けている
✓原則、商品到着後30日以内である
✓返品・交換の原因は何か
✓返品・交換の対象製品である

Amazonが発送する場合は商品が到着後30日以内に返品申請と対象物の発送を完了する必要があります。Amazonが出荷と販売
Amazonが販売、出荷を行っている場合、このように表示されています。
注意点として、「出品者が販売」し、Amazonが発送する商品については、「交換」をすることができなくなっていますので、その場合は返品しましょう。

Amazonが出荷 販売は出品者
出荷元と販売元に注目。
出荷元はAmazonになっていますが、販売元は別のところになっています。
この場合「交換」をすることができませんので、返品するようにしましょう。


出荷元がAmazonでもそうでなくても、販売元がAmazonではない場合、「交換」を行うことができないから要注意です。
このように表示されている場合は、出品者に問い合わせをするしかありませんが、出品者のほとんどはAmazonと同じ返品・交換条件を設定していますので、まずは問い合わせをしてみましょう。

「原則として」商品到着から30日以内に返品・交換の手続きを受け付けています。
原則として、というところがポイントです。
原則があれば「例外もある」ということになります。

うっかりして、商品が到着後30日を経過ししてしまった場合は、理由に関わらず返品・交換することができなくなります。

「期間があるから・・・」
と先延ばしにして忘れる前に、すぐ手続した方がいいでしょう。

期間経過後にトラブルや不具合が発生した場合は、保証書等に記載の保証元へ直接ご連絡するしかありません。

返品・交換の原因が自分の都合の場合は、未使用未開封なのか開封済みなのかといった状態で、対応が変わります。

お客様都合の返品・交換
・未使用かつ未開封の場合: 商品代金(税込)を全額返金
・開封済みの場合: 商品代金(税込)の50%を返金
・開封状態にかかわらず、配送料・手数料およびギフトラッピング料を返金いたしません
・返送料は個別に例外を示す場合を除きお客様のご負担となります
・服&ファッション小物、シューズ&バッグ、30万円(税込)未満の腕時計およびジュエリーは試着後の返品が可能です

以下に該当する場合は、開封済みとみなされます。

・メーカー既成の梱包を開封してある、または破損している
・商品を意図的に破損させるような再梱包がしてある
・商品タグが外されている
・部品のビニール包装が開封されている
・ケーブルを固定するワイヤーなどが外されている
・その他、商品自体に使用された形跡がある
・トラブルや不具合による返品・交換
・商品代金(税込)、配送料・手数料およびギフトラッピング料を全額返金または同一商品と交換します。

トラブルや不具合による返品・交換
商品代金(税込)、配送料・手数料およびギフトラッピング料を全額返金または同一商品と交換します。
引用元:Amazon返品・交換の条件

未開封か開封済みかで返金の料金が変わってしまいます。

服なら商品タグを切ってはいけない、梱包されている物であれば、箱を破いて開けない、といった、通常の返品条件と同じということですね。

商品が届いたら、外箱はともかく中身は慎重に取り扱うようにしましょう。

返品・交換を承らないケース
返品・交換を承らないケースを下記に記載します。

下記のケースでは、理由にかかわらず「返品・交換」を承りません

・受注生産品、特注制作品、刻字入り商品、およびサイズお直し品
・メーカー既成の外装で配送した商品を返送するときに外装がない場合や、外装のみに損傷がある場合
・メーカー既成の外装に直接出荷伝票が貼られているという理由の返品
・商品詳細ページに返品や交換ができない旨の記載がある商品

下記のケースでは、理由にかかわらず「交換」を承りません。

・代金引換で注文された商品
・携帯決済で注文された商品
・在庫切れの商品
・バーゲンブック
・大型家具・家電 設置回収サービス(HB)の商品

使用済みまたは開封済みの消耗品

・メーカーが初期不良と認定していない場合(液晶パネルのズレ、ドット抜け、使用後の外観の傷など)
・拡張機器の増設や、パーツの取り替え、商品自体を改造、調整した商品
・お客様のご要請でメーカーから鑑定書・鑑別書の発行を受けている商品
・車用タイヤ・ホイールセット
・法令等に基づき返品・交換が出来ない商品
引用元:Amazon返品・交換の条件

特注品は返品・交換の対象外なのは当然のことですが、代金引換の商品の交換はできないようなので、普段から代金引換を利用する方は注意が必要です。
その場合は返金手続きを行うようにしましょう。

商品カテゴリー別の返品・交換の条件はヘルプ&カスタマーサービスの返品・交換条件で確認できます。

「アレクサ」を利用して購入した商品の返品対象となっていますので、ご安心ください。

返品・交換の手続き方法

✓注文履歴から手続きを開始する
✓返品・交換の期限内か確認する
✓交換はクレジットカードが必要
✓プリンターの有無で手続きが変わる

返品・交換の手続きの手順を解説していきます。

注文履歴を開く

Amazon注文履歴
Amazonを開くと上部に出てくるツールバーの右側に「注文履歴」というところがあります。
小さく、返品もこちらと表記されているのですぐにわかると思います。

返金、交換を選択する

交換をする場合、クレジットカードの登録が必要になります。
持っていない場合、返金処理になりますので注意してください。

プリンターの有無

プリンターを使う場合
⇒今回の返品専用の返品受付IDを印刷します。

プリンターを使わない場合
⇒返品に必要な情報を用意します。

詳しくはヘルプページ「プリンターを使わない返品・交換の手続き」をご覧ください。
返品受付IDを他の商品の返品に使用することはできません。

返品商品を梱包する

選択した返送オプションで返品商品を発送します。
返送する理由で元払いか着払いか変わります。

元払いによる返品

✓不良品または破損品ではない商品
✓服&ファッション小物
✓シューズ&バッグ
✓マーケットプレイス出品者が発送した商品
✓受注生産品

受注生産品は受注後に生産する商品になります。

Amazon受注生産品
このように商品名に記載されていることが多いのですぐわかると思います。

元払いに該当する商品を着払いで返送した場合、返金額から差し引かれるので気を付けてください。

着払いによる返品

✓不良品または破損品。
✓服&ファッション小物
✓シューズ&バッグ
✓時計&ジュエリー
✓30万円未満の商品
✓Amazonが発送した商品
✓ダッシュボタンで注文した商品

受注生産品は元払いになります。

商品を試着した場合でも、商品到着後30日以内であれば、着払いでの返品をすることができます。
商品タグを切ってしまったり、汚損した場合は開封済み扱いになってしまうので、注意が必要です。

「元払いによるご返送」に該当する商品と、「着払いによるご返送」に該当する商品を同梱する場合は着払いで返送することができます。

高額商品のご返送

✓税込30万円以上の商品
✓運送保険料が発生
✓初期不良以外の交換は不可
✓返品は未使用・未開封のみ
✓返品時は返送料・保険料・追跡可能にする
✓返金処理に時間が掛かる

高額の商品に関しては万が一のトラブルに備える必要があります。
Amazon側としては、基本的には返品、交換は対応したくはないということなのでしょうか。

返品商品の状態の確認をするために、返金処理には時間が掛かってしまいます。

返品・交換手続き後の流れ

✓返金処理は返送商品受領後に開始
✓返品のキャンセルもできる
✓交換は交換品到着後に元の商品を発送
✓Amazonから着払いで送り返されることもある

返金処理は、商品をAmazonが受領確認した後に開始されます。
また現在の状況を確認することもできます。
注文履歴⇒注文の詳細 と移動していき、一番下に返金状況が表示されます。

「返品しようと思って手続したけど、やっぱ返品やめたい」
そういうこともあると思います。

返品手続きをやめる場合は、商品を返送しなくてOK。
Amazonにキャンセルの連絡も不要となっています。

商品の交換をする場合は、交換品到着後に元の商品を返送をします。
注意点として在庫状況によって交換ではなく返金処理になってしまう可能性があります。

重要なポイントとして、返金手続きに時間がかかる場合や、返金を承れず着払いで商品を返送されてくる場合があります。

・返送された商品の状態が、 返品受付センターで選択した返品理由と合致しない場合
・返品商品に関する正しい情報が不足している場合(返品受付IDなど)
・返品手続きをした商品とは異なる品物が返送された場合
・返品手続き時に指定した場所とは異なる返送先へ返送された場合
・返品された商品の一部が不足している場合
引用元:Amazon返品・交換の条件

着払いで商品が返送されてくる場合とありますが、実際にそういった事例は聞いたことがないので、非常に稀なケースということでしょうか。

まとめ

Amazon
商品を間違えて購入してしまった場合の対処法

✓返品・交換の条件に該当しているか確認する
⇒元払いなのか着払いが可能か確認
✓返品・交換の手続きを行う
⇒返品の場合は返送後、返金処理が完了するのを待つ
⇒交換の場合は交換品到着後に返送を行う
✓返品のキャンセルもできる
⇒Amazonへ連絡は不要
✓困ったことがあったらヘルプ&カスタマーサービスへ
⇒世界トップクラスの企業は対応が素晴らしい

 

Amazonで商品を間違えて購入してしまった場合の手段として、交換・返品があります。
困ったことがあった場合はヘルプ&カスタマーサービスで問い合わせを行う方が良さそうです。

Amazonは世界トップクラスの企業です。
その対応はとても素晴らしくかつ早いので安心して利用することができます。

返品・交換の手続きについて解説しましたが、実際にやってみると簡単です。
注意点として状態の管理に気を付けるようにしましょう。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました