ディズニーチケット「送る」「戻す」が6月21日で廃止。新機能グループ作成が追加

スポンサーリンク

ディズニーランド

東京ディズニーリゾートアプリが6月22日から新機能「グループ作成」を追加されます。

事前に作成したグループにメールやSNSを通じてユーザーを招待することにより、パークチケットやレストランの予約、スタンバイパスの取得などのプランを共有することができます。

また、ディズニーホテルにオンラインチェックインをする時に使用するルームキーも作成した「グループ」メンバーと共有することができます。

これに伴い、従来使用されていた「チケットをおくる」「チケットをもどす」が6月21日に廃止になります。

グループの参加には東京ディズニーリゾート・アプリとディズニーアカウントの登録/ログインが必要になります。

  • それまでに送られたパークチケットは自動的に購入者の元に戻ることになります。
  • パークチケットの共有には「グループ作成」機能を使用しなければなりません。
スポンサーリンク

注意点

フリマアプリなどを利用して、6月22日以降の日付になっているパークチケットを購入して「チケットをおくる」をされている方は、そのパークチケットが元の購入者の手元に戻されることになります。

そのパークチケットはおくることができなくなり、グループを作成する必要があるということなので、購入した枚数にもよりますが、1枚分は元の購入者の分としてカウントされることになるのかもしれません。

  • 1枚購入した場合 ⇒ 元の購入者のみ
  • 2枚購入した場合 ⇒ 元の購入者と他1人

のようなイメージになり、元の購入者は必ず参加する必要がある、ということになるのでしょうか。

恐らく、返金処理する必要が出てくるので、早めに処理した方が良さそうです。

  • パークチケットの譲渡や転売は禁止事項です!
  • トラブルの原因になりますので絶対やめましょう!

グループ作成のやり方

グループの作成

パークチケットの購入後、予約したレストランや取得したスタンバイパスなどがあるときに利用することができます。

  • 参加できるグループは1日1グループとなっています。

例えば、2日間続けて同じメンバーで行動する場合でも、2日分グループを作成する必要があるということになります。

チケットが別でもグループは作成できる

グループに招待できる人数には制限がありません。
別々に購入したチケットでグループを作成することもできます。

紙のパークチケットの場合は入園後にチケットをスキャンすることによりグループに参加することができます。

グループがあっても別行動できる

グループを作成したからといって、パーク内でも行動を共にしなければならないということではありません。

スタンバイパスの取得やレストランの予約は枚数を選択して取得することができます。

当然ですが、2枚のスタンバイパスで3人は利用はできませんし、2名のレストラン予約で3人は受付できません。

グループから離脱も出来る

グループメンバーの一覧画面より、メンバーを削除したり、メンバー自身がグループから離脱することもできます。

メンバーの削除はグループメンバーなら誰でも行えます。

離脱したメンバーが持っていたチケットやプランは他のメンバーから見えなくなり、離脱したメンバー自身も共有されていたチケットやプランを見ることができなくなります。

間違えてグループから離脱してしまったり、メンバーから削除されてしまった場合は、招待されたときに送られたURLに再度アクセスすることで、グループに参加することができます。

メンバーがあらためて招待することも可能です。

マルチエクスペリエンスはどうなる?

ディズニーの風船

 

当日に使用する分に関しては従来と変更はありません。
プランに表示されます。次回以降の来園時に利用できるマルチエクスペリエンスは、チケットの購入者またはチケットをスキャンした人のアプリのプランに表示されます。マルチエクスペリエンスを割り当てる機能を使って共有することができます。
  • マルチエクスペリエンスはチケットのQRコードに紐づけされています。
  • 受け取ったメンバー以外は使用することができません。

マルチエクスペリエンスって何?

マルチエクスペリエンスとはアトラクションが急な運営中止になった際に配布されるチケットです。
主な対象は、

  • ファストパス取得後
  • スタンバイパス取得後
  • エントリー受付後
  • アトラクションを乗っている時

となっており、配布に関しては当日のキャストの裁量に任されているようです。

  • マルチエクスペリエンスは、他のアトラクションを優先的に利用できるようになるチケットというイメージです。

ファストパスやスタンバイパスの代替えと聞けばわかりやすいと思います。
アトラクションを対象として1回のみ有効でキャストに使用を申し出ることで利用できます。

取得できる機会が少なく、存在自体を知らない人も多いのではないでしょうか?

6月22日以降は要注意

ディズニーのキャラクター

ディズニーリゾートアプリの新機能「グループ作成」は通常使用する分には使い勝手がよくなったということになります。

その一方で、パークチケットを購入して転売で利益を得ていた人たちには大打撃になりそうな気がします。

同日のチケットをたくさん買ったとして、それぞれ別の人に売った場合、共有グループをいくつか作成する必要があるということになりますが、参加できるのは1日1グループになるので・・・。

1日1グループしか参加できないということは、転売対策ということなのかもしれません。

グループから離脱した場合はどうなるのでしょうか?
さすがに対策はしていると思いますが・・・。

現在パークチケットは毎週水曜日14時に1週間分が販売されています。

再販は突然あることが多いので、パークチケットの購入を検討している方は逐一チケットの販売状況を確認するといいでしょう。

今のところ、入場制限はそこまで多くかけていないように感じます。
少なくても1万人以上は入場している感じです。

6月22日以降の「グループ作成」機能は便利なのかどうなのか注目したいですね。

  • 緊急事態宣言の発出に伴い、8月末まで時短営業となります

来園する予定がある方はスケジュールをあらかじめ立てておきましょう。

こんなご時世で賛否はありますが、行くとやっぱり楽しいのがディズニーです。
大人も子供も楽しめる、まさに夢の国ですね。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました